スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダーク」桐野夏生


ダーク (上)(講談社文庫)
(2002/10)
桐野 夏生

★★★★☆

徹底的に救いがない。
全員が理性を失い、悪になり、
しかも納得できないまま
終わってしまう事態が多すぎる……。

桐野夏生の本は
常に粘りつく居心地の悪さを感じることが多い。

知らないうちに自身の中身にキズをつけられて、
そのまま立ち去られた感が残ります。
読後ホントしんどいwww

ダークは本当に…酷い話でした。
「柔らかな頬」よりも酷いかもしれない…
ひとに勧められない本です。

でもこういう本ってほかにないとも思い、
この人間くささがクセになってしまうのです。
自分よりも汚いもの見たさのような、
しかしそれを読み続ける自分も汚いような、
なんだか延々と暗く深く中身に落ちてっちゃう感じでした。

こんな人が主人公なのも嫌w
女って気持ち悪いなーとかも思う。。
力が弱い分、計算高い。

久恵なんて特にそう。
たまに自身の弱さを武器にして、可愛げがない。
ミロも大概可愛げがないけどww
裏で何考えてるか分からなくて、気持ち悪いです。

実際に希望を失った人って
こんなに能動的になれない気もするのですが…、
特にこのような場合は……わたしは無理。

だけど、ソに関わってからのことだけとれば、
ああ、こういう気持ちにはなるだろうとも思います。
受動的な愛情が能動的になるとかね。

只、ミロは大切なところで短絡的すぎないか?
それが可愛いところなのかなー?
そこがとても気になりました…

とはいえ、
こんなに感情をえぐるような小説も本当に稀有なことと
ソの過去の描写がとても心に残ったこと、
「本当に残酷な存在」について描かれていることが
わたしにとってとても好きなところでした。

今回、ミロシリーズを続けて読みました。
「頬に降りかかる雨」を持っていたので再読し、
図書館で続編を借りて行ったのですが
「天使に見捨てられた夜」を読んだあと今作に飛んでしまいました。
(調べて借りたのですが、その記事が違っていました…)

「水の眠り灰の夢」「ローズガーデン」は未読です。
でもこれ読んだあとだと、うーん、ってなっちゃいますね。。

ちなみに、わたしはいま31歳になって数日ですが
死に向かおうって気持ちは凄く分かります。
友人は自死してるし、家族が病死してるけどなおそう思う。

自分で選択する死は魅力的。

暗い気持ちではないのですが、
私が今生きてるのって、親が責任を果たしただけなんですよね。
「結婚する」「子を生む」ってゆー。

当時はそれをしないと生きづらかったと思うけど
それが薄くなってきた今、
子を生むってどんな意味に変わってくのかなー。

まあそれは置いておいて、
ミロにも久恵にも友部にも罰を受けて欲しいです。
大人は怖いと本当に常々思います。

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)





スポンサーサイト

bootcampでwindows7をインストール

Macのbootcampアシスタントを利用して、
windows7をインストール。
ここまではぜんぜん問題なくできました。

そのあとが結構大変だったのでメモ。

windowsをインストールしたあとに、
Mac OSのDVDを挿入して
bootcampに関わるファイル群をインストールします

これをやらないと
内部スピーカーもイヤホンも認識されないし
Functionキーの音量調整とかも効かないし
トラックパッドも二本指が使えないし
うん、とりあえず不便がいっぱいです☆

ということでMac OSのディスクを掘り起こして
インストールしたところ、
頑固としてインストールしてくれない(´;ω;`)

エラーコードは2229です とか突然なにー…

【解決法】

(1) Orcaエディタをインストール
.msiを編集するエディタらしい。
以下からインストールして、手順のとおりに起動させる
http://support.microsoft.com/kb/255905/ja

(2) Bootcampフォルダをデスクトップにコピー
Bootcampフォルダ内のファイルを編集しないといけないので
マイコンピュータ→dvdドライブを右クリックして「開く」。
Bootcampフォルダをまるごとデスクトップに出します。

(3) Bootcamp.msiを編集
Orcaエディタから、Bootcampフォルダ内のDrivers/Apple/BootCamp.msiを開く
こんなかんじで表示されるので、左側のTABLESから
LaunchConditionテーブルを探す
Orca編集画面
右クリックして、「Drop Table」。これでテーブルが削除されます。
上書き保存。Orcaでの編集は終わりです。

(4) setup.exeを起動
Bootcampフォルダの最上層にある、setup.exeをダブルクリック。
おめでとう!これでインストール作業が進むはずです!

(5) せっかくなのでアップグレード
Bootcampの更新プログラムが配布されて、
より性能が向上しているはずなので入れてみましょうー。
http://support.apple.com/ja_JP/downloads/#bootcamp

最新版は Boot Camp 更新プログラム 3.1 なのですが、
実はこれ、Snow Leopardのディスクを持ている人しか使えないみたいです…
というのも、3.1をインストールする為には 3.0 が必要なのですが、
この3.0はSnow Leopardのディスクに入ってるらしいです(´・ω・`)

サイトでの配布もないようなので、私の最新は2.2。
http://support.apple.com/kb/DL967?viewlocale=ja_JP

その他Bootcampに関する情報はアップルのサイトからどうぞー
http://www.apple.com/jp/support/bootcamp/

ともあれ、これでやっと作業完了です!
ちょっと難しかった
 

Mac Book のHDDを交換したよ!

Mac Book のHDDが100Gくらいで、
bootcampしようとしたらぜんっぜん足りなかったので
こんな私が! こんな私が!!

Mac Book の裏側開けてHDD引っ張り出して
新しいHDDと交換する…なんてことに挑戦しました!!

できました!キャーーーーー∑∑∑(*'o'*)!!

主に以下の記事を参考にしました。

COONEX:MacBookのHDD換装方法

ディスクユーティリティって初めて使った~~~!
3時間くらいでぜんぶコピーできました。
Macって本当にすごいねー!
だってOSもアプリもぜーーーんぶ移せるんだよ!
びっくりです…!!!

んー、ちょっと気をつけたことは、
HDDの厚みを間違えないこと、
SATA規格にしたこと(2には対応してなさそうだったからなんとなく)、
事前にT8の星型のトルクスドライバーを買っておくこと、
USB接続できるHDDケースを買っておくこと、くらいかなー…?

今後はbootcampでwindows入れてみたいと思いますっ!
 

「ネイチャー・センス展」森美術館

都内での打ち合せの帰り、
せっかくなので何か展示を見ようー
と思って、森美術館のインスタレーション行ってきました。

ネイチャー・センス展 ポスター
SENSINGNATURE ネイチャー・センス展

日本の自然知覚力を考える3人のインスタレーション。

尚、3人とは吉岡徳仁篠田太郎栗林隆
ネイチャー・センスとは「自然を知覚する潜在的な力」とあります。

作品や空間を体感するスケール感のあるインスタレーションによって、
私たちのネイチャー・センスの覚醒を試みる展示とのことでした。

とにかく、人間の感覚を刺激するようなインスタレーションだなんて、
私の研究領域!?どんな表現をしてるんだろー?と思って、
ちゃっかりチケットぴあで前売り買ってから行きました。笑
(前売りは一般1,200円、当日券だと1,500円)

結論から言うと、私の求めていたものとは違って
アート的な作品ばかりだったのですが
「自然」を捉え直す、別の角度から見る、考えるきっかけをつくる、
という意味で、ああアートもインスタレーションだったんだなー
などと、違うところで、しかも今更ながらに感心していました。

インスタレーションってもっと
見る人の感覚を反映するものだと思ってたんですよね。
人それぞれ感覚が違うのだから、表現も異なるべきだと。
でも体験から想像を膨らませるという点においては
別に作品の表現手法自体が必ずしも変化する必要はないんだなー。

私、現代美術ってあまり好きじゃないというか、
なんだかもう何でもアリになりすぎて、
なんでこういう作品になったのか、この人はどんな人なのか、
考える術も余地もなく どーんと表現があって、
うーん…これ何…?っていう、なんか、どうにも、
意味ワカンネ って印象を持っているのですが
この展示は「自然」という共通認識事項が根幹にあるからかな?
いろんな点で楽しかったです。

作品自体だけでなく、
空間設計や照明や見せ方やそういうのも参考になりました!

↓吉岡徳仁《スノー》
写真 1

個人的にはやっぱりね、
ほんと「やっぱり」って言われそうなんだけどね、
「忘却の模型」が好きだあああああー。

「忘却」が「滝」というのはなんとなく分かる気がする。
私は「記憶」は「知らないうちに散っていく粒子」なんだけど
「忘却」として考えると、確かに絶えず流れ落ちるもの。

すごいキモイ作品なんですけどねー
私そういうのが好きなんですよねー。
滝の流線が魅惑的で、白と赤のコントラストがきれいで、
雨どいに落ちるようにボロボロこぼれていくほうの赤は
目に見えて止めどなく落ちる様が気持ち良くて…。

↓篠田太郎《忘却の模型》
写真 2

写真 3

あとは屋台の上の苔がちゃんとナマモノで、
お姉さんがたまにシュッシュしてあげてたのが良かったなー。

残響にしても屋台にしても、
プロジェクタでの投影手法が興味深く思いました。
特に残響で、2画面見えるところに立つと不思議な感じがする!
面白いー。

↓栗林隆《yatai》(屋台自体はwebでは《無題》)
写真 4

この日は火曜日だったのですが、
森美術館って火曜日だけは17時までなんですね。
あまりゆっくり見られなくて残念でした。。

同時開催されていたトロマラマも面白そうでした

↓コマ撮り映像作品で、ぜんぶ木彫りなの!好き!
写真 5

そのあと追加300円で展望デッキ(まじで屋上なのー!スゴイ!!)に登って
ひとりで1時間くらい、めーーーーーっっっっちゃめちゃトキメいて
興奮しまくってあああああ~~~ってなりました。超オススメ!!!!!

↓夕暮れ
写真 1

↓突然へんなものがある。なんだと思う?遊具ですw
写真 3

↓鉄骨とか機械とか夜景とかキュンすぎて泣く
写真 4

↓こういう廊下をひとりで歩くのもタマラン…!!
写真 5
 

「絹と明察」三島由紀夫

絹と明察 (新潮文庫)絹と明察 (新潮文庫)
(1987/09)
三島 由紀夫
★★★☆☆


私は三島の表現力が狂おしい程に好きです。

特に金閣寺が秀逸だったと思うのだけど、
今回読んだこの本では、夜、
遠く長く響いて渡る鐘の音が好きでした。
空気の振動、伝わってくる揺れ、耳に入る音、
響き方、感じ方、物理的な印象を持って感じるその存在。


最近読んでいた三島作品の、
ひたすら内面に向かっていたものと比較すると
とても人間的な小説だった気がする。
潮騒に似た雰囲気かと思う。
恋愛、経験、受容、許容、拒絶、思想、そのようなものたち。


誰の味方をしていいのか、最後まで分からなかった。

ある人物が牛耳っているような世界観で描かれた世界で、
人々はそれぞれに考え、奔走し、行動をするのだけど
そうであるはずもない。人間はそれぞれ打算と計算をしているもので
思い通りにはいかないんだ人生なんて。

誰の味方でもないまま終わった。
だけど最後が気持ちよかった。
ふふ、って笑える感覚。
終わらない、終わらせない、まだまだ。

ここは誰かの世界じゃない。
みんなの思想が渦巻く世界。
そこであなたは何が出来るのか?

こんな終わり方はとても好きだった。
皆が皆を欺いている。
そうして構成されているこの社会は微妙なバランスで
だけど崩れることもなく
それぞれが配慮をしながら均衡が保たれる。

誰かが誰かを蹴落とす。
誰かが誰かを思う。


今まで読んだ三島作品とは
少し毛色が違う気がしたけれど、悪くなかったです。

駒沢善次郎は
どんな人生だったのか、
語られなかった昔の部分が気になる作品でした。
 

「沈める瀧(滝)」三島由紀夫

沈める滝 (新潮文庫)沈める滝 (新潮文庫)(FC2)
(2004/04)
三島 由紀夫

★★★★☆

すこし、お久しぶりですね。
いかがお過ごしですか?

私はIBSと闘いながら、助手生活を続けています。
最近ようやく新入生とも打ち解けてきたみたい。えへへ。
不甲斐なくて先生に迷惑かけてばかりですが
小さなことを幸せだと思えるように、生きています。
生きることだけ、がんばっています。



さて三島由紀夫。
「潮騒」「金閣寺」「禁色」に続いて多分4冊目かな?
久しぶりに読みました。
あの遠まわりで鮮烈な色彩表現が欲しくて。

この本を選んだ理由は特に無かったけど、
私はとても好きな本でした。
三島さんのせかい。
静かで静かで静かで重くて
その中にときどき見つける感動や人間性。

自分が生きるせかいの外で、始終変化しているせかい。
意識するものと意識しないもの。
見えるものと見えないもの。
時間の流れ。
自分への気付き。

閉じ込められた環境の中で概念化していく恋人や、
人間の力の及ばない、大自然が揺らす人間の情動。
少しずつ変化していく精神。身体。

季節の変化は本当に感動的だったーーー!
潤いを増す雪、温もりを蓄える窓。
雪の重さに耐えていた枝が一気に空に伸びる。
氷柱が落ちて穴を穿つ。


すごく面白かった。
三島さんの、想像力をかきたてる描写が心底好きです。
石と鐵(鉄)で遊んだ主人公が
自嘲しながら石と鉄を愛し、
感覚を遠ざけたように生きていく様とか…

ああ、次もまた三島作品を読もうかなー。
 

「五郎治殿御始末」浅田次郎


五郎治殿御始末 (新潮文庫)五郎治殿御始末
(ごろうじどのおしまつ)
浅田 次郎
2009/04/25

6つのお話が入った短編集。
すべて、明治維新直後くらいの時代です。
突如変化した(させられた)国、政治、様相、文化のなかで
武士としてそれをどう捉えるか、どう生きるのか。

薩長に倒幕されて藩を失ったひとたちのおはなしですが、
決して薩長が悪いとかいってるわけでもないです。

私は歴史がほんっとーーーにダメで、
本当に必死で勉強したのに赤点ばかりでしたが
浅田次郎のおかげでようやく少しづつ分かってきました…。


タイトルである「五郎治殿御始末」は最後に収録されています。
これは、嫌いじゃないんだけど、
入り方があまり好きではありませんでした。
けれど曾祖父の強さと優しさが心に残る、いい話。


一番好きなのは「箱館(はこだて)証文」かも。
途中ですこし笑っちゃうんだけど、落とし所がとてもうまくて
ああ、きれいだ って思った。


石榴(ざくろ)坂の仇討ち」も良いです。
これ評判いいけど、うん、いいです。
背負うもの、帰属場所、自身の根底にあるものが何か、
とても苦しい状況でも生きていかなければならない人間が
どのように咲くのか、または、咲けるのか、と、考えます。


登場人物に人間味があっていいですよね、浅田次郎は。
いつも安心して読めるなあ。
もう一度ラブレターを読みたい。
でも実は彼の本では時代ものが好きかもしれません。
武士ってピンとしてて、ホントホント、格好良い。
 

大谷資料館

4/17(土)、同居人を連れて栃木県に帰ってきました。

1日目は宇都宮に一泊して、
twitterでオススメされた大谷資料館へ。


入口から降りるところ。
デモンズソウルの話とかしててすみませんねw

外
採掘場の外もこんなかんじ。
採掘された跡がカッキリと真直ぐで、凄く格好良い。

外
入ってすぐくらい。
薄暗い空間が広がっています。

中
採掘機を使った跡などで時代が分かります。

中
まるでダンジョン

中
中はひんやりしています。
昔は軍から支給された備蓄米を置いていたとか。

中
ゼオライトという結晶。
冷蔵庫に欲しい高性能!

公式サイト
http://www.oya909.co.jp/

昔は本当に資料館しかなかった場所のようですが
いつからか本物の採掘場跡が公開されていて
それが非常に格好良い。
まっすぐに切り立った岩、響く声、冷たい空気。
その非日常感のわくわく度はスゴイです!

軽く順路はあるものの、広くて冒険心もくすぐられます。
建築物ではないのですが素晴らしい建築物を見ている感覚。
"作る"ために作られたものではないのに、
あたかもそうであるかのような錯覚を覚えます。
あまりに格好良くて。

感じとしては、地中美術館とか、成羽美術館とか、
素材そのものの力というか…
でもそれよりも荒削りで素直でそのままの素材感。

本当に行ってよかったです。

2010年4月17日時点で大人600円、
撮影も三脚も今のところ規制なしです。
(これも嬉しいよね)

JR宇都宮駅西口バスターミナル6番 立岩行に乗って
大谷観音の次くらいにある「資料館入口」下車。
片道440円。
下車するとまわりに案内がないので戸惑いますが、
バスの方向に歩いていくとそのうち看板が出てきます。

バスは1時間に1本程度しかないので帰りの時刻もチェックしとくと安心。
駐車場があるからレンタカーで行くのも良さそうですよー。



余談ですが、私は栃木出身だけど
宇都宮餃子ってあまり食べたことがないので
どこがいいのかなーと思ったら
パルコ近くの「来らっせ(きらっせ)」にいろんな店舗があるみたい!
ちなみに私は2日目にみんみん鹿沼店で食べました(*´ω`*)

おまけ


修復された餃子像は、西口バスターミナルにありました。
せっかく西口に来たのに見つけづらいぞ!
でも直ってよかったよかった。


地元鹿沼のお千住山公園はまだ桜が見頃。
たくさんの人で賑わっていました。
懐かしすぎる電話も発見…!!!


U字工事の言うとおり、観覧車は50円です!(だよね?)
昔は20円だったとか。
乗りたかったけどお子様ばかりで照れたので、
頂上でラムネを飲んでぼんやりしました☆
 
 

iPhone:カメラロールのデータを転送できない

iPhoneのカメラロールの写真や動画は、
WindowsでもMacでも簡単にパソコンに保存できる
…はずなのですが、
私は最初から全然うまくできませんでした。
(参照:せうの日記 - iPhoneはWindowsからどう認識される?
原因は不明。

症状(Win/Mac共通):
・iTunesでは正常に認識される
・カメラデバイスとしては認識されない
・iTunesやiPhoneのバージョンは最新
before.png

やってみた
・工場出荷状態に復元
after.png

これで認識されるようになったのですが
バックアップから復元してみるともうだめ。。
なので、結局、初期化した状態から再度使いなおすことにしました。

初期化する際の注意
SMSのバックアップをしておくこと!特にパスワード。
カメラロールもバックアップしておく(今回最大の目的)
連絡帳もバックアップしておく
・iTunesと同期できるメールソフトにメールアカウントを設定しておくと復旧が楽
・当たり前だけどWi-Fiの設定や機体の設定、着信音などもリセットされるよ

カメラロールのバックアップ
DiskAidで行います。
http://www.digidna.net/products/diskaid/download
使い方は以下のブログを参考にしました。
楚画ブログ - 続続・iPhoto'08でiPhoneを認識しない件

結果
そんなこんなで初期化されたiPhoneで再スタートしました。
かなり面倒なので心折れかけますが、
これで写真はきちんと取得出来るようになりましたよっ(*´ω`*)

アプリなどの干渉なのか、
Windowsに繋いだりMacに繋いだりしてたからなのか、
原因は判然としませんが…ちょっとすっきりした!☆
 

モバイルサイトのキャリア対応

オリンピックでこんなに自分が楽しいのは初めてです。
みんなかっこいいなーーーって思うけど
ハーフパイプとフィギュアスケートが好き!
というのも、twitterとかでみんなで盛り上がれるからという気がする。
パブリックビューイングに近いものがあるよね。
リアルタイム性って凄いなあ。

今日の高橋大輔すごかったねええええ
怪我よく復帰したなああああ……

という昨今。
相変わらずモバイルサイトで悩んでいます。

結局迅速に3キャリア対応するってことになって
仕様ごとにサイト分けるのもなんだか非効率だなあと思い、
いろいろ調べてたら今はauもhtml表示できるんだね!

なので、とりあえず絵文字だけ
キャリアごとに変換してくれるプログラムに頼ることに。
携帯絵文字変換スクリプト
http://www.dspt.net/tools/emoji/


PHPが動いて
SSIが使えて
.htaccessが効く サーバであれば利用できます。

たぶん特殊なサーバでなければ動くんじゃないかな?
lolipopでは問題ないです。
実サーバは設定がけっこう特殊だったので色々調整してもらいました。

3キャリア+PC表示にも対応してますよ!
とっても便利。


あとはHTMLの解釈の問題なのですが
CSSの書き方とかマーキーとか
フォームの入力形式の指定なんかで多々不安があるものの、
手元のdocomoとsoftbank実機ではあまり気になるような表示の差異はないみたい。
auはエミュレータでこれから検証してみます。。

欲を言えばiPhoneやandroid携帯向けに対応したいので
一応以下もメモ。
読み込むcssを振分けすることで、結構簡単にできそうですね。


必見!携帯サイトをお手軽にiPhoneやスマートフォンに対応させる方法
http://sj6.org/cope_to_easy_with_iphone_and_smartphone_by_css/

 

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。