スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル [DVD]Mr.インクレディブル
(BK1楽天FC2)

★★★★☆

2006/06/16
クレイグ・T

大学院のときの1人が出産しました。
私の、アコガレの存在的な女の子。
彼女のゼミ仲間につれてってもらって
一緒におうちにお邪魔して、
みんなでしゃぶしゃぶをしながら
流れていたのがこの映画。

この子と私の趣味は意外と似ていて
なんだかとても嬉しい感じなのですが
彼女がMr.インクレディブルが大好きというので
もっかい見てみた。
じつはずーーーっと前に1度、
見たことがある気がします。
確かDVDが出た頃に。

でもアメリカのヒーローものっていうか
結局スーパーマンでしょ?っていうか
PIXERの中でも
率直すぎるタイトルなので
見流しちゃってた感じ。
アメリカ映画の
率直なタイトルって好きじゃないんです。

credible:信じられる の反義語が
in-credible。
インクレディブル。
Mr.インクレディブルは
直訳で信じられない男って意味です。

もっと言えば
credit+ableなのかな・・・
ableがつくと「~できる」という意味になる。
acheがつくと「~痛」になるように。
(ex:heartache)

って、英語はどうでもいいんですが、
そういう意味で甘く見ていたものを
再度見てみたらとても楽しかった。
PIXERの技術力はすごいって思う。。
フェイスとテクスチャがうまい。
そもそも骨組がうまいのか?

私は3DCGには明るくないけど
これだけ見せれる3Dを作るっていうのは
想像を絶する世界なんじゃないかと思います。
ちなみにPOB-RAYしかしたことないです・・・。
あ、あと六角とか?
googleのやつとか・・・?

私は日本語吹き替え版が好き。
どうしても英語のアッサリ感が物足りない気がするから。
日本語の独特の抑揚が好きです。
タメの間とか。
全部は聞いてないけど
聞き比べるのも面白いかも☆

総合的に、
最後のほうがすっっっっっごく面白い!!
前半はすこし苦しいかな・・・。
でもその分、後半の爽快感がたまりません。
 
スポンサーサイト

「笑の大学」三谷幸喜脚本

笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]笑の大学
(BK1楽天FC2)

★★★☆☆

2005/05/27
監督:星護
原作、脚本:三谷幸喜
出演:役所広司、稲垣吾郎

三谷幸喜は、「ラヂオの時間」で知りました。
とにかく見てみて!って言われて
母親が興味を持ったらしく、
私も一緒に見たのがきっかけ。
それで三谷幸喜はすごい、って思いました。

喜劇ですねー。
とってもシンプルに喜劇。

深く考えなくていい。そして笑える。
ちょっとした人間ドラマがある。
ただ感じるだけでいい。
身を委ねたら世界が浸透する、そんな感じ。

で、この作品は、
ほんとにほんとにほんっとーーーーにシンプル。
なんもかも削ぎ落とた喜劇だと思う。

というのも、場面がほとんど展開しない。
魅せているのは脚本だけ。演技だけ。
ある意味圧巻です。

どうも舞台っぽいなあと思ったら
もともとは舞台用の脚本だったそうです。納得!

ただ、だからこそ「映画」としての魅力には欠けると思う。
演出とか編集とか音楽とか
そういう楽しみはあんまりなかった。

んでもそれを差し引いても面白い映画なので
一度は見てもいいかな。
なんで「笑の大学」なのか。
笑は学ぶものなのか。
そのあたりがテーマっぽい。
 

「トニー滝谷」市川準監督

トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD]トニー滝谷[DVD]
(FC2)

★★★☆☆

2005/09/22
監督:市川準
原作:村上春樹
出演:イッセー尾形、宮沢りえ 他

「レキシントンの幽霊」に収録されている短編の映画化。
あまり印象に残っていない本だけれど、
村上春樹の世界を具現化するって
興味深くて見てみた。

村上春樹の描く人物には表情がなくて
それが難しいって
監督が語っていたらしい。
ああ、その言葉はぴったりする気がする。
あまり感情が揺らがないよね。
人間なんだけど、
現世とは少しだけ一線を引いている感じ。
現実を受け止めながらも、
確固たる自分は揺らがない感じ。

映画は、
終始語りが入っていて
ちょっと勿体無い気もした。

淡々とした雰囲気はとても伝わるんだけど
映画でしかできない方法で
表現してみても良かったんじゃないかなぁ?

でもゆーーーーーったりとした時間の流れ、
だけど抗えない恒常的な流れ、
そういうのがすごく響くかも。

宮沢りえが綺麗。
色調も好き。

音楽は坂本龍一。
流れがとても滑らか。
淡白でもなく、粘着質でもなく。

全体として、
村上春樹の世界観はよくできてるかも知れません。
映画単体として見ると
ちょっとあまりにも緩やかかな・・・とは思うけど。
響くものは、あります。
何度か見たほうが深く感じられそう。

全体を覆う喪失感と生命、
少し悲しいお話です。
もう一度原作を読みたいなあ。
 

「911」ノーデ兄弟他

9.11 -N.Y.同時多発テロの衝撃の真実- [DVD]9.11-N.Y.同時多発テロの衝撃の真実-

★★★★☆

2006/08/25
監督:
ジュール・ノーデ
ゲデオン・ノーデ
ジェイムズ・ハンロン

驚きます
あまりにも凄惨
非現実的現実

圧倒的な力です。

映画というか
ドキュメンタリーです。
なので人間関係が把握できなかった・・・
でも
本当に驚きます

晴れ渡る青空と
黒煙の対比が
ひどく切ない。

WTCが7号棟まであったこと、知りませんでした。
倒壊したのが2棟だけではないことも。
知らないことがたくさんありました。

本当に本当に想像を絶する光景です。
すべてが人間の域を超えていて
成す術が無い・・・・・・
ただ、
受け止めるしかない現実でした。

これ・・・・・・・・・
本当に
悲しいことだ・・・・・・

政府は
事前に何もできなかったのかな

この事件は
日本では夜に放送されましたよね。
リアルタイムで。
そのためにウソコイの最終話が見れなかった。
あのときアメリカでは
こんなことが起きてたんだなあ・・・・・・・・・

いろんな論争もありますが
とにかく、
人間はこれを戒めにしなければいけないって思う。
 

おくりびと

観てきました

おくりびと
http://www.okuribito.jp/

CM等では静ひつな雰囲気が感じられますが、
実は笑える映画だということで
とても気になっていたのです。
納棺。
それは私にとって
とても特別な価値のある行為で
そのようなオシゴトがあること、知らなかったけど
憧れの念を 抱いています。

私は、
高校を卒業してすぐ
数ヶ月前まで一緒のクラスにいた友人が死にました

特別仲が良かったわけではないけれど
試合を見に行ったり
友達の恋人だったり
隣の席で一緒に教科書見たり
とりあえず目立つ存在だったので印象は強かった。
席がこいつのうしろだと黒板見えないから嫌だと思った。

でも、卒業して大学生になって
みんなそれぞれの道を歩き始めてすぐ
彼は死んでしまいました。
再会したときは既に棺の中の眠り王子。

白かったけど綺麗でした
悲しかったけど綺麗でした

納棺士 という職業は知らなかったけれど
その方のおかげなのだとしたら
私も感謝したいと思った。

死が

通過点だという気持ちにさせてくれる。

ここからまた

死者はあたらしい世界を歩いていく。
ぼくたちを待っててくれる。

それは現世に残る私たちの救いであり
死者への愛情であり
やり場のない気持ちの
唯一の拠り所なんだと思う。

途中
ズルイ表現もありました。
泣いちゃったけど
あれはズルかった。

だけどそれを除いてもいい映画です。

美香(妻・広末涼子)の人間性について
もう少し深く知りたいところだけど
(夫婦間の描写は希薄だったと思います)
いい映画です。
推察する範囲も残してある。
ある程度の答えを見せてくれる。
後味スッキリ。
議論の余地アリ。

正直言うと
美香のことを好きになれませんでした
だけど、夫婦の関係性についても考えた。
死についても考えた。
そしてもちろん

生についても。

生きるって面白い

音楽でやたら泣けると思ったら
久石譲さんでした。
おすすめです
.

「トランスフォーマー」マイケル・ベイ監督

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディショントランスフォーマー
スペシャル・コレクターズ・エディション

(紀伊楽天FC2)

★★★★☆

2007/12
出演:シャイア・ラブーフ 他
監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ

中学生くらいの頃、
妹と一緒に見た「ビーストウォーズ」。
調べたところあれが第一シリーズだったみたいだけど、
すっごく面白かったのを覚えています。
ホワイトタイガーのタイガトロンがめっっっちゃかっこいい

という微かな懐かしい記憶とともに見たこの映画。

面白かった!!!
というか、CGがイイ!!!!!!!

作りこまれたCGは本当にめちゃめちゃカッコイイです。
ロボットもの苦手な私でさえトキメキまくり!
(エヴァは大好きだけど)
ロロロロロボットかっこいいいいぃ!
しかもかわいいいいいいいい!!!キュンです

ストーリーとか展開としてはツッコミどころ満載だし、
まあCGと実写との融合なので
サイズの問題とかも気になりますが
(小物をロボットが持つと小さすぎて見えないから拡大表現するとか)
細かいことは気にしない!
とにかくカッコイイのです!
車もめちゃめちゃかっこよかったなぁ・・・。

残念ながらお気に入りのタイガトロンは出てこないけど、
敵も含めてみんなかっこよかった・・・
メガトロンの飛行機もちょーーートキメく!
バンブルビーも・・・!!!
たたまれるヘリの羽根は、ゼノギアスを思い出させました。
本当にわくわくしてしまうなあ・・・。

ただ、気になるのはキューブの由来。
彼らも進化した過程で悲しい発明に至ったのでしょうか・・。
人間を思いやるオプティマス・プライムが切ない

それにしても3DCG使うならやっぱり無機物がいいですね。
ここまで違和感を感じさせないものは本当に凄い。
作りこみもかなりしっかりしてます。
(一部はやっぱり合成だなーって思っちゃうけど)
あああこの映画めっちゃ気に入りましたーーーっ
男のひとは誰でも好きなんじゃないのかなあ・・・
子供はもちろん大人でも。
私は女だけどかなーり興奮させていただきましたー!
見てよかった
 

「ジェリーフィッシュ」

JERRYFish
http://www.jellyfish-movie.com/


監督は2人。
エトガー・ケレットと、シーラ・ゲフェン。
2人とも作家で、シーラさんは"ゲフェン・ファミリー"一族。
イスラエルでは知らない人がいない有名な家柄らしいです。
シーラ(Shira)はヘブライ語で「詩」の意だそう。
素敵!
そしてこの2人は夫婦でもあり、
映画の完成と同時期に最初の子を授かっています。
それも素敵ー!!

これはたまたま予告編を見て、
なぜかすごく引かれた映画。
先日公開されたばかりです。
カンヌ新人監督賞カメラドール受賞。

第一印象は、かなり映像が不思議。
ちょっと褪せたような、焼けたような、
半端なようで落ち着くような、絶妙な色味。
(参考:シネトレLiveでみつけた
それからよくわからないストーリー。
断片的すぎて本編を見ないと全然分からない。
だから余計気になってしまったー

公式サイトを読んでて、
私はイスラエルについて何も知らないなーって思った。
というか
私はもともと社会が全然できなくて、
地理も歴史も一番必死に勉強したのに
ずーっと赤点だったのですよ。
だからまあ分かってたことですけど・・・

歴史的背景とか社会背景とか全然知らなくて、
そのへんの含みが興味深いです。

ナチスによるユダヤ人絶滅計画が
「ホロコースト」と呼ばれていたことも知らなかったけど、
その亡命者たちが生き延びて二世が現代を生きてるんですね。

それから、外国人労働者。
ただの出稼ぎ労働者に対する疑念と、
結局彼らに頼らないと成り立たない社会構造。
これは日本でもいえることだから分かりやすい。

パレスチナ自治区とかエルサレムとかって
イスラエルにあったことすら知らなかったですよ
ほんとごめんなさいごめんなさい
でも知らないから知りたい。
この人達の生き方に触れたい。
って、思うのです。

キャストも面白いですよー
主人公はゴダールの映画に出てた(「アワーミュージック」)
サラ・アドラーという人なんですけど、
それに対してヘルパー役には
そのへんで見つけた素人が出演してる。
この対比はたまらないw

といってもゴダール作品ちゃんと見たことないですw
初めて見たのが「映画史」だったせいで
どうも眠い、わけわからん、ってイメージが・・
おすすめ知ってたら教えてください


編集はダンサー・イン・ザ・ダークの人だそうで・・
気になるなあ。
率直に理解できないモノってのは
想像力をかきたてるから面白いんですよ。
見えないから想像する。
そういう楽しみ方ができる映画かな?と予想してます。

コラボで開催されてるイベントも見てみたいなー
海、いいですよね。。

*

ところで風邪ひいてました
更新止まってすみません・・・

1週間ほとんど食べれずにいたら、
声すら出せなくなりましたΣ
発声って体力使うんですねー・・・。
やっと回復してきてよかったです・゚・(ノД`)・゚・
動けるって嬉しすぎる!!

季節の変わり目、気をつけてください~~~
 

「東京ゴッドファーザーズ」今敏

東京ゴッドファーザーズ東京ゴッドファーザーズ
(紀伊楽天FC2)
 
★★★☆☆
 
2004/04
声優:江守徹、梅垣義明、岡本綾 他
監督:今敏

東京ゴッドファーザーズ・エンジェルブック東京ゴッドファーザーズ
エンジェルブック

(BK1紀伊LiveD楽天)

「パプリカ」を見たときに予告で気になった映画。
ホームレスと子供という関係性が興味深くて
どう発展していくのか見てみたかったのです。
 
んん、なかなかよかった。
少なくともパプリカよりずっと好きです。
「人間」が描かれてます。
マッドハウス的ではあるけど素直な感じ。
勿論、絵は凄く凄く綺麗です。
 
ストーリーも悪くないけど
とにかくテンポがいいから楽しい。
ぽんぽんとお話が展開していく。
複雑さには欠けるからすこし物足りないけど・・
力を抜いて楽しめる感じです。
テーマが軽いわけじゃないんだけどね。
最後のあたりなんて笑っちゃうくらいドキドキした。
 
 
私はハナちゃんになりたい。
ハナちゃんみたいに生きたい。
あのひとにすっっっっ・・・ごく憧れます。
いちばん弱くていちばん強いと思う。
声もすごくよかったー。
 
 
そして余談ですが今敏(こん さとし)サンは村上隆に激似。
うーん・・・
海外に認められる日本のアニメの代表者は
どうしてあんなかんじなんだろう・・・。
個人的にそれだけがちょっぴり気に入りませんwww
 

「花とアリス」岩井俊二

花とアリス 特別版花とアリス 特別版
(BK1(本)紀伊LiveD(本)楽天FC2)
 
★★★★☆
 
2004/10
監督・脚本・音楽:岩井俊二
出演:鈴木杏、蒼井優 他

公式サイト
http://www.amuse-s-e.co.jp/H&A/index.html

 
岩井俊二。
微細な感情の流れを伝えるのがうまいと思う。
登場人物たちの空気感や距離感がすごく好き。
それから、弾むようなシーンでは
カメラも一緒に揺れてたりする。
音楽も揺れる。
そうやって全体的な感覚で伝わってくる気がする。
この雰囲気はリリィシュシュから大好きです。
 
映像はグレイッシュな印象がある人だけど、
花とアリスは鮮明な色も多かったです。
効き色があったり。色もすごくきれい。
 
 
もともとネット配信されていたショートムービーで、
それは特別版でしか見れないらしいです。
私は通常版のレンタルだったので見れなかった。
残念・・。
 
 
私がもう持ってないものがいっぱいあったな。。
ああいう種類のひたむきさとか純粋さとか・・
自分と友達が混ざり合ってて
でもすこしづつ「自分」になってく時期のおはなし。
 
アリスが可愛くてしかたなかった><
あの子を抱きしめたかった。
と思ったら蒼井優だったのかーそりゃ可愛いわ。
ドーナツやさんとか鎌倉とかのシーン見てると・・
ホントに、いじらしいのですよ。
 
そして先輩はちょっとむかつく。
 
けど、やっぱりいい映画です。
大切なものってなんだっけ、って思う。
女の子向けだろうなあ・・
おとこのこにも見てほしいけど文句言いそう(´*ω*)
私は大好きです。
 
ロケ地まとめサイト
 

「オペラ座の怪人」ジョエル・シュマッカー

オペラ座の怪人 通常版オペラ座の怪人 通常版
 
★★★★★
 
2005/08
出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム 他
監督:ジョエル・シュマッカー

私がいちばんいちばんいちばん好きな映画。
この為にコンポを買ったようなもんです。
少しでもいい音で聞きたくて。
 
オペラ座の怪人って昔からあって、
怪人ってなんだろう、こえー・・くらいにしか思ってなかったのですが
あるとき母と2人で映画を見に行って、
母が見たい映画に私はぜんぜん興味がなかったので
たまたま上映していたオペラ座の怪人を見たのです。
もーーーーーーーーーーーーー1人でスッッッッッゴイ感動してました。
もともとミュージカルとかミュージカル映画が大好きなのですけど、
本当に観てよかった・・・・・・。
 
最初の、モノクロで表現されているオークションから
シャンデリアのシーン、あれは何度見ても鳥肌がぶわーーーって立つ。
音楽と、溢れる色と、迫力でもう一気に達する高揚。
たまらないですーーーーー!!
 
内容はすごく切ない。
怪人はひどく残忍で、共感できるわけじゃないのですけど
こういう面は誰しもがもっていて抑圧してる感情なのかもしれない。
どうしようもない現実の壁に、涙が止まらなくなります。
あーーーークリスティーヌ綺麗だーーー。容姿も声もさいこう。
 
初めて買ったDVDもこれ。
引越しの準備であらゆる荷物を実家に送ったときも、
これだけは手元においておきました。
本当に好きです。かっこよすぎです。
 
カメラワークも音楽も演出もすごくいいと思う。
舞台の迫力を感じることができる。
でもやっぱりマスカレードはいつかナマで見たいです~~~!!
 

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。