スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グラスホッパー」伊坂幸太郎

グラスホッパーグラスホッパー
 
★★★★☆
 
2004/07 伊坂 幸太郎

伊坂幸太郎2冊め。
「オーデュボンの祈り」が読みたかったけど図書館になかった。
最初に気になってたのはこれだったから借りてみました。
 
この本も、数人の視点から書かれていて、
断片的だった物語がひとつの結論へと収束していく形です。
こういうのほんとうに好き。
バラバラだった要素が繋がっていくときの高揚感がたまらない。
 
でも私が前回読んだ「ラッシュライフ」よりずっと読みやすいです。
なぜなら時系列が前後しないから。
移り変わる主人公ごとに思考を合わせていけば、自動的に結論に辿り着けるから凄く読みやすく感じました。
逆に言えばもっと難解さが欲しかった、私としては。
でもやっぱり面白いです。
 
私はなんだか蝉が好きかも。
あ・・・いや、槿(あさがお(←本当は木槿でむくげと読むらし))かな。
うーん。。
それぞれ個性ちゃんと立ってて、人間的で、みんな好きです。
鈴木の一途さ、妻への感情、ゆるい指輪。穏やかな家庭への憧れ。
不思議な眼を持つ鯨。
死にゆく人々。亡霊たち。
認められたい蝉、素直じゃない岩西、劇団。
みんな生きてる。
自分の前を見て。確かめながら、考えながら、歩いてる。
 
グラスホッパーって、バッタという意味だったんですね。
調べて分かりました・・・。
そっちのgrassだったのか。
グラス(glass)の水泡かと思っていました。いやん恥ずかしい。
そうか、バッタだったのか。
 
人間は昆虫のようだって。
なんだか分かる気がする。
でも、「他者」は虫だけど「自分の仲間」は人間なんだよな。
仲間としての境界の内側にいる存在は大切にする。
贈り物をあげたり、心配をしたり、世話を焼いたり。
自分のためにならないようなことまでしちゃったりするよね。
ああいうのって、虫にはないんじゃないかな?
 
他者として蠢く、多くの人間。
仲間として感じないことによって起こる犯罪。悲劇。
 
"死んでるみたいに生きたくない"
 
生きること、じぶんの生命、未来。
生きるように生きたらもっと楽しく生きられるかもしれないですね。
苦しいこともきっと多いけど、
そこはたぶん、鮮やかな現実。
 
すこし恐い部分もあるお話だけど、ちゃんと希望もあります。
それから、最後の最後、社長のところは本当にやられました。
ここでそうきたかーーーーーー!って。
 
スポンサーサイト

「オペラ座の怪人」ジョエル・シュマッカー

オペラ座の怪人 通常版オペラ座の怪人 通常版
 
★★★★★
 
2005/08
出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム 他
監督:ジョエル・シュマッカー

私がいちばんいちばんいちばん好きな映画。
この為にコンポを買ったようなもんです。
少しでもいい音で聞きたくて。
 
オペラ座の怪人って昔からあって、
怪人ってなんだろう、こえー・・くらいにしか思ってなかったのですが
あるとき母と2人で映画を見に行って、
母が見たい映画に私はぜんぜん興味がなかったので
たまたま上映していたオペラ座の怪人を見たのです。
もーーーーーーーーーーーーー1人でスッッッッッゴイ感動してました。
もともとミュージカルとかミュージカル映画が大好きなのですけど、
本当に観てよかった・・・・・・。
 
最初の、モノクロで表現されているオークションから
シャンデリアのシーン、あれは何度見ても鳥肌がぶわーーーって立つ。
音楽と、溢れる色と、迫力でもう一気に達する高揚。
たまらないですーーーーー!!
 
内容はすごく切ない。
怪人はひどく残忍で、共感できるわけじゃないのですけど
こういう面は誰しもがもっていて抑圧してる感情なのかもしれない。
どうしようもない現実の壁に、涙が止まらなくなります。
あーーーークリスティーヌ綺麗だーーー。容姿も声もさいこう。
 
初めて買ったDVDもこれ。
引越しの準備であらゆる荷物を実家に送ったときも、
これだけは手元においておきました。
本当に好きです。かっこよすぎです。
 
カメラワークも音楽も演出もすごくいいと思う。
舞台の迫力を感じることができる。
でもやっぱりマスカレードはいつかナマで見たいです~~~!!
 

「下弦の月」矢沢あい

下弦の月 (1)下弦の月 (1)
 
★★★★☆
 
1998/12 矢沢 あい

はじめて好きになった少女漫画かもしれません。
いや、昔はセーラームーンとかは好きだったけど。
今でも好き。
矢沢あいの漫画全部読んだけどこれが一番好きです。
 
他の作品とは一線を画すシリアス路線。
(でも矢沢あいは本来シリアス路線らしいです。本人談)
わけもわからないまま、見ず知らずの人間の生命に関わるお話。
不思議な時間の流れ。
独特の世界観。
静かで、だけど必死で、切なくてドキドキする。
 
もう何回読み返しただろう。
今好きな少女漫画といったらこれくらいしかないかもしれません。
私、青年・少年漫画が好きみたい・・。
パラダイスキスとは少し雰囲気が近いかもしれない。
でもあれほどクセもないし絵も綺麗です。
パラキスとかNANAとかは手足長すぎてコワイけどそんな感じはない。
強いて言えば背景の加工はあんまり好きになれないけど・・
 
浮遊してるような感覚で読めます。
でも、美月みたいな状況になったとき私はどうしよう。
それを考えるとほんとうに切ない。
 
映画化してるけどそっちは見たことありません。ちょっと気になるー。
 

下弦の月 (2)下弦の月 (2)
 
1999/05 矢沢 あい
下弦の月 (3)下弦の月 (3)
 
1999/11 矢沢 あい

 

「東京タワー」リリー・フランキー

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー
~オカンとボクと、時々、オトン~

 
★★★☆☆
 
2005/06 リリー・フランキー

ずっと読みたいと思いながらも、
ベストセラーということで読みたくなかった本。
でも機会があって人に借りることができたので読んでみました。
 
最初の印象は、つかれる・・・。
文章と文章に脈絡が無い。
時系列は整っているものの、流れというものがまるで無くて
思い出された過去の記憶をぽつぽつと聞いているような感じです。
流れがない文章というのは、ずっと読んでいると疲れちゃう。
 
それから、家庭環境が特殊であることを
「かわいそうだけど哀れまなくていいよ」と言ってるみたいで
なんだか素直に共感することができませんでした。
 
だけど、
どんな環境で育ったか、
どんな影響を受けて自己確立していったか、
そういうことはとてもよく伝わってきます。
ドキッとすることもある。たまには微笑ましいことも。
内容は悪くないです。
 
ただ、著者の身勝手さばかりが目についてしまって
私にはどうしても共感することができないまま終わっちゃいました。
いつまでも親のお金で暮らしていたり、
ふらふらと生活していたり・・
それでも人は生きられるんだなあなんて変に感心しながらも
そんな生き方を肯定することなんてできない。
 
お母さんを大切にする気持ちは凄く分かる。
あらゆる局面でひしひしと伝わってくる。
でも、大切にするあまり他者を侮辱したり軽蔑したり
そういう偏見に満ちた部分は好きになれませんでした。
お母さんはとてもいい人。ほんとうにいい人。
私はこんな幼少期もこんな母親もいないから余計かなあ。
 
悪い本ではないです、
たぶん涙が止まらないひともたくさんいると思う。
ただ私には年齢的に早かったことと、
時代背景が合致しなさすぎたんだな、たぶん。
ごめんねリリーさん。
 

「カフーを待ちわびて」原田マハ

カフーを待ちわびてカフーを待ちわびて
 
★★★★☆
 
2006/03 原田 マハ

舞台は沖縄・与那喜(よなき)島。
冒頭からすごくゆったりと、穏やかな時間が流れる。
なまあたたかい風、広い空と海、珊瑚の砂浜。
ふさふさの犬とビーチサンダル。
景色がありありと目に浮かんで、
読んでいてのびやかな気持ちになる。
自然は気持ちいい。
 
私は装丁と題名にひかれて読んだのだけど
ラブストーリー大賞作品なんだって。
多分、群を抜いて完成度の高い作品だと思う。
風景、環境、人々の立場や考え方、雰囲気、
そういったこまごまとした大切な描写が上手くて
すんなりと世界に溶け込んでしまう。
心理描写なんて本当に繊細。すきだなぁ。
 
内容もとても素敵です。
切なくてぎゅっとなったり
緊迫したり疑ったり不安になったり笑ったり
みんな何かを抱えて生きて、影響しあって、繋がってる。
 
電車で読んでいたから泣かなかったけど
ふつうだったら泣いてます。
おばあと幸との意地の張り合いもよかった。
島の仲間との深い信頼関係も、
カフーのあたたかさも。
カフーは私の中ではふさふさの犬で
もーくしゃくしゃってなでたくなっちゃう。
幸さんもすごく好き!!
綺麗なのにおてんばだし、哀しいのに強い。
 
文章よりは描写かな。
世界観と内容がとても良かった。
願わくは続きが知りたい~~~…!
気になるようぅぅぅ。。
でも読後感はあたたかくて幸せです。
 

「その夜、ぼくは奇跡を祈った」田口ランディ

その夜、ぼくは奇跡を祈ったその夜、ぼくは奇跡を祈った
 
★★★☆☆
 
2001/11
田口 ランディ、網中 いづる 他

毒気の無い田口ランディ。
でもこれは割と好きです。
短編が3つなのだけど、
いちばん最初のクリスマスのお話がほんとうに印象的で
すてきなイラストといっしょにすごく心に留まってる。
 
クリスマス、
広大な自然、
初めての場所、
病院の静寂と音楽
 
キラキラしてる。これは好き。
 
ほかの2つは私としてはまあまあかなぁ・・
女の人のやつはちょっと無理しすぎかも。
でもイラストも文調もやわらかくて読みやすくて
なんかあったかくなる本です。
 
田口ランディのこういう一面も認めざるを得ないなぁ。
 

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
 
★★★★★
 
2005/04 伊坂 幸太郎

友達に薦められた伊坂幸太郎。初めて読みました。
色々な人のお話が断片的に語られながら進んでいきます。
最初は何の脈絡もつかめない。
でもそのうち、それぞれが行き着いた場所や
スケッチブックを持つ外国人女性や
展望台や
共通項がでてきてあれ?ってなってくる。
 
時間軸はバラバラなので、きっちり把握するためには再読必至ですが
本当に面白いです。
とても巧みに構成されています。
ドキドキしながら入り浸ってしまう。
 
私は川に飛び込んだ神様と、黒澤がとても好きでした。
あと犬が出てきたのもなんだかよかった~~
 
最後、すべてが収束するときは本当に高揚しまくります。
この人はあの人だったのか!
こういう理由でああなったのか!
そんなかんじ。
すごく面白い。
伊坂幸太郎ってすごい。
実際の社会も、こんなふうにして
お互いすこしづつ関わりながら動いてるような気がします。
 
社会構成の捉え方も的確というか、鋭いと思いました。
それぞれの立場。生き方。
信念、目標、行き先。
そういうものが切々と伝わってくる。
 
「ラッシュ」の多義性にはあまりこだわる必要なかったように思うけど
ホントいい本でしたーーー。圧巻。
伊坂幸太郎の作品では、
登場人物がいろんな作品にチラチラ出てくるそうです。
ぜんぶ読んだらきっともっと面白いんだろうなあー
次はオーデュボンの祈りを読みたいです。
 

「木霊」「転生」田口ランディ

木霊木霊
 
★★☆☆☆
 
2003/12 田口 ランディ

転生転生
 
★☆☆☆☆
 
2001/10 田口 ランディ

神秘的で幻想的な挿絵とともに明朝体でさらさらと文字が流れます。
紙面構成が綺麗。
精神世界ですねーー
 
んー。でも最後のオチが、ふたつともあまり気に入ってません。
特に転生。
木霊のほうは割と好きかなあ・・
生きづらい世界で、でもまわりが追い立てる。
そういうのはわかる気がした。
だけどしねない私は主人公が羨ましく思います。
木霊にもなれないし。
私もこんなふうになりたい、ただそこに在るだけでいいような存在。
 
転生のほうは・・・
転生を繰り返し、いろんな人生を送る話なのですが
最終的になぜ転生を繰り返すのか結論が出されています。
こんな世界で人間はなぜ生きるのか、ってことですね。
これ、納得いかない。
田口ランディがこんなこと言うなんて信じられない。
人生に満足してしまったのだろうか?
驚きました。
 
出産してからランディさんは、以前持っていた棘というか
生々しい部分が再生してしまったと思う。
それはそれで人間として幸せなことなんだけど
あの生々しさが好きだった私にとってはちょっとさみしいです。
ランディさん人生楽しそうだからいいけどさ。
 
 
それにしても、ふしぎな図書館に続いて短編を多く読んだのでかなり欲求不満でした。
そんなときに読み始めた「カフーを待ちわびて」は
まさに私が待ちわびたカフー(果報・幸福)でしたよーーーいい本!!
今読んでいます。
数ページ残したまま恋人の家に忘れてきてしまったのでおあずけ状態で
もう続きが気になって仕方ありません><
 

「ふしぎな図書館」村上春樹

ふしぎな図書館ふしぎな図書館
 
★★☆☆☆
 
2005/02 村上 春樹

絵本みたいなちいさな本。
図書館に行ったときに村上春樹の本がこれしかなかったから借りました。
絵はとってもかわいい。
羊男がかわいい。
でも内容はこわい。理不尽な孤独。
 
んー。やっぱり短編はにがてでした。
羊男もなんだかなあ・・
同情しちゃう主人公もかわいそう。
でもラストはああなるんですね、
それはおもしろいと思った。
 
人生における大切なもの。
自分の価値はどこにあるのか。
 
この本おすすめはしないけど、読後はほんとにふしぎな感覚になります。
 

空気を揺るがす音色

10/12(金)、18:30に仕事をあがらせてもらって
19:04の新幹線で岡山から栃木まで帰りました。
地元で秋祭りがあって、お茶会のお手伝いもしたかったから
交通費を出してくれるという言葉にコロリとやられて帰ってきました。w
 
お茶会のお手伝いは2年ぶりくらいだけど
お祭りは本当に久しぶり。
お祭りの為に道も広がり、お祭りロードという屋台のための場所が整備されました。
鹿沼の屋台は重要文化財で、彫刻や形や、もうすべてがカッコイイ!!
地区ごとに屋台を管理しています。
うちはお囃子をやっている部落で、下材木町という地区の屋台でお囃子をしてます。
下材木町の装飾は派手すぎなくて好き。
 
屋台には大きな車輪がついているけど前後にしか動きません。
だから、曲がるときは下に人間が何人も入って持ち上げてまわすの。
それもまたカッコイイです。
何台かの屋台が向き合うとぶっつけが始まります。
ぶっつけは屋台をぶつけるわけじゃなくて、
音と音、空気と空気のぶつかりあい。
それぞれがそれぞれのお囃子や声で張り合って、
どこが一番活気があるかを競うの。
低く響く太鼓の音に高揚が止まらない催し物です。
 
そんな中でお茶会のお手伝いをしてきました。
私は裏千家。
中学のときから6年間習っていて、
その後もたまにお茶会でお点前をさせて頂いたけど
今回はさすがに2年越しでぶっつけは無理なので
お席は持たないだろーと思ってたのですが
半東さんをさせていただきました。嬉しいーーー。
 
母の知り合いのお席だったから知らない人ばかりだったけど
作法は皆共通していて、
それは共有であり属性であり仲間であり
そのことに私はとても感激したのでした。作法ってすごい。
ありがたいことにお客様はずっと多くて
朝から夕方までずっと忙しくお手伝いをしました。
楽しかったーーー。
 
仲良しの妹ともいろいろな話をしてきました。
今週もおしごとがんばります。(たぶん)
 

お茶会に行くときの県道。この先は全面交通止め。
 

お茶会は屋台のまち資料館に隣接する菊水園で。
 

塩山(地元部落)のお囃子が乗る下材木町の屋台。ぶっつけ中。
 

「SWITCH」さとうさくら

スイッチスイッチ
 
★★★★☆
 
2006/04 さとう さくら

折角はるばる実家に帰ってきたので、
読まれていないまま山積みになっている母の本を物色。
表紙が可愛かったから読んでみました。
 
主人公はフリーターで、自分を社会の下層人種だって思ってる。
でもそれは実際、広い視野を持ってしまっているからなんだよね・・
私はそう思います。
対外的な自分を把握してしまう。
必要以上の葛藤や苦しみが生まれる。
でもそういう生き方しかできないって、とても分かる。
 
只 この主人公はそれでも強くて
周りに合わせて自分を変えたりはしないんですよね。
だから余計ぶつかるしツライと思うのだけど、
それが周囲を引きつけたりもする。だってカッコイイもん。
あんな生き方はなかなかできない。
羨ましいかと聞かれたら戸惑ってしまうけれど
憧れの気持ちは、ある。
 
ほかの登場人物たちもそれぞれが人生をそれなりに受け止めていて
外見上うまくやってるようでも本心とのズレは絶対あるし
それに対してどう対処するのか、
それぞれの考え方や生き方があって面白いと思った。
 
そして私はサル男がすきだ。
ずるいくらいかっこいい。
 
いろんな出会いと諦めと避けられない道のり。
フリーターって正社員の何倍も大変ですよね・・。
でも正社員になる気がないっていうのは何故だろう。
年のせいでもう就職もできないとかいうならまだ分かるのだけど
若いのにフリーターで、1人で、生きていけると思うの?
そのへんはよくわからない。
とにかくフリーターって大変だと思う。
 
著者もフリーターなんだね。なぜだろう。
主人公と同じように小説を書くのが夢だったのだろうか。
 
とにかく、なかなか面白い本です。
私としてはすーーーーっごくイイ!って程でもないけど
「現代の人間失格」という批評はなんだか納得できる気がする。
 

「蛇にピアス」金原ひとみ

蛇にピアス (集英社文庫)蛇にピアス
 
★☆☆☆☆
 
2006/06 金原 ひとみ

「SWITCH」の前に読んだのがこれ。今更ながら。
・・・・・・・・・。
これが、芥川賞?
芥川さんは悲しむと思うわ。私は悲しい。
芥川賞が新人向けなんだっけ・・?直木賞がそれかと思ってた。逆だった?
 
うーーーーん・・
とにかく、主要人物は3人しかいない。
人間としての登場人物、社会構造、そういう描写がすごく浅かった。
視点は悪くないし、これを書いた人は頭も悪くないと思う。
だけど浅い。
 
私には全然面白くありませんでした。
こんなに面白くない小説は初めて読みました。ごめんなさい。
だって貫かれる意志のようなものが見えない。
それでいいの?
それでいいの?
おかしくない?
あれだけ大切にしていた存在を、そんなふうにしていいの?
 
嫌だ。
カッコつけてるだけにしか見えない。
光の世界は居場所じゃないってウラガワに逃げて
でも結局何も持ってない。
 
生きづらさとか そういう気持ちは分かる。
冒険したくなる気持ち、ピアスをあけたくなる気持ち、
痛みで自分の存在を確かめたくなる気持ち。
そういうのは分かるし共感できるんだけど
 
どうしてこれが芥川賞をもらったのだろう。
私の感性が貧弱なのかしら・・。
 

家庭用浄水器 C1

今住んでいる岡山のアパートは古くて、
神奈川に住んでいた頃よりずっと水道水がまずい、
というかくさいです。
薬を飲むにもお料理をするにもコーヒーを入れるにも
水がまずいととてもイヤ。
というかかえって身体によくないような・・。
私にとって、綺麗な水というのはほんとうに大切です。
 
以前はフィルターつきの浄水ポットを使っていたのですが
関東に引っ越す予定だったので一度実家に送ってしまったんですね・・
なので今は一度沸騰させてから飲んでいるのですが
古い電気コンロなので温まるのにも時間がかかるw
2リットルためるにも何時間かかってるんだか・・・。熱いし!
だけど2輪でペットボトルを運ぶのはなかなか・・・フラフラして危険なので;
だから今は水を飲むのは会社まで我慢して、
会社にある浄水器の水を飲んでいます。。
 
浄水器が欲しくて仕方ありません><
これほんとにいいなあーーーー
ポットもいいけどためておけないんですよね。
設置型の浄水器はほんとうに楽。
しかもこのC1、賃貸でも大丈夫ってのがイイ。
細菌除去率のあまりの高さにも驚愕です・・・
というか細菌いるのか!!!!!Σ
いいなあこれ。デザインもかっこいいーー。
 
↓商品HP。
http://www.ngk.co.jp/C1/index.html
 

「蒲公英草紙 - 常野物語」恩田陸

蒲公英草紙―常野物語 (常野物語)蒲公英草紙―常野物語 (常野物語)
 
★★★★☆
 
2005/06 恩田 陸

恩田陸の小説は「ネバーランド」から2冊目です。
でも「ネバーランド」からは想像できないくらい印象の違う本でした。
 
美しく、あたたかく、そして柔らかく流れ込む言葉の波。
読んでいて本当に心地よかったです。
語調がとても素敵で、引き込まれて読んでしまう本でした。
 
時代は日清戦争の頃。
維新が叫ばれ、突如起こった文明開化に皆がとまどい、
何が正しいのか、何処へ進めば良いのか、
何を信じるべきなのかと迷走する時代に少女時代を過ごした女の子の話です。登場人物たちはそれぞれが非常に魅力的。
個性にあふれ、でもみんな何かを抱え、考え、歩んでいます。
 
ただその綺麗な綴りの傍らに、離れることなく存在する悲しさ。
ぽかぽかとした光、揺れるたんぽぽ、柔らかな風。
手を繋いで歩く二人の少女。
とてもとても穏やかで幸せで輝きに満ちているのに
どこか常に感じる儚さ。脆さ。
 
読み進めたくない。知りたくない。
どこかでそう思いながらも、読まずにはいられませんでした。
泣かなかったけれど
沈痛でした。
 
今の日本もそう変わらない。
時代の流れが早すぎて、みんな足元しか見えない。
目先の、自分の利益しか考えられない。
国としてはどうなっていくのか・・
 
常野というのは特殊な力をもった一族の呼び名で、
恩田陸のシリーズだったらしいです。
たまたま図書館で手にとって借りたのがこれだったのですけど
常野の魅力は言い尽くせません。
凄まじいおしごと。ほんとうに大きな存在。
子供ながらに将来に覚悟を決めているところも、かっこよかったです。
ほかのも読まなくちゃ。
 
切なかったけど純粋ですごく良かったです。
心地良く読める本です。
 
「蒲公英」と書くとなんだか外国の花みたいで、
時代背景からして皮肉な印象がありますね・・。
漢名は「ほこうえい」というらしいです。
実際日本にもあった花なのかな・・
でも今ではほとんどがセイヨウタンポポなんですよね?
 
草紙の意味もはっきりと知らなかったので調べました。
 
 〔「さくし(冊子)」の転〕
 (1)綴(と)じてある本。字などを書いたものも書いてないものもいう。
 (2)仮名書きの物語・日記・歌などの総称。
 「古今の―を御前におかせ給ひて/枕草子 23」
 (3)書き散らした原稿。したがき。
 「書きおかれける歌の―どもの/十六夜」
 (4)「絵草紙」「草双紙」などの略。
 (5)字の練習用に紙を綴じたもの。
 (引用:goo辞書)
 
そういう意味だったのですね、成程。
 

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。