スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「911」ノーデ兄弟他

9.11 -N.Y.同時多発テロの衝撃の真実- [DVD]9.11-N.Y.同時多発テロの衝撃の真実-

★★★★☆

2006/08/25
監督:
ジュール・ノーデ
ゲデオン・ノーデ
ジェイムズ・ハンロン

驚きます
あまりにも凄惨
非現実的現実

圧倒的な力です。

映画というか
ドキュメンタリーです。
なので人間関係が把握できなかった・・・
でも
本当に驚きます

晴れ渡る青空と
黒煙の対比が
ひどく切ない。

WTCが7号棟まであったこと、知りませんでした。
倒壊したのが2棟だけではないことも。
知らないことがたくさんありました。

本当に本当に想像を絶する光景です。
すべてが人間の域を超えていて
成す術が無い・・・・・・
ただ、
受け止めるしかない現実でした。

これ・・・・・・・・・
本当に
悲しいことだ・・・・・・

政府は
事前に何もできなかったのかな

この事件は
日本では夜に放送されましたよね。
リアルタイムで。
そのためにウソコイの最終話が見れなかった。
あのときアメリカでは
こんなことが起きてたんだなあ・・・・・・・・・

いろんな論争もありますが
とにかく、
人間はこれを戒めにしなければいけないって思う。
 
スポンサーサイト

「ほしのこえ」佐原ミズ、新海誠

ほしのこえ (アフタヌーンKC)ほしのこえ
(BK1紀伊LiveD楽天FC2)

★★★★☆

2005/02
絵:佐原 ミズ
原作:新海 誠

以前アニメDVDで記事を書きましたが
佐原ミズなので漫画も買いました。
こっちのうほうが
好きでした。

佐原ミズさんは
「間」のとりかたがうまい。

見る時間、
感じる時間、
考える時間。。

引き込まれる。
いつの間にか感情を重ねる。
目には涙。
誰の?
私の?

そんなかんじです

直感的には
アニメのほうが伝わるかもしれません。
でも
より深く感じられるのは漫画のほう。
まあ、想像の余地があるからとも言えるのだけど
佐原ミズの流れが合う人は
大切な本になると思う。

とてつもなく切ないけれど
終わり方はなかなかいい方向。
 

「ひかりのまち」浅野いにお

ひかりのまち (サンデーGXコミックス)ひかりのまち
(BK1紀伊LiveD楽天FC2)

★★★★☆

2005/06/17
浅野 いにお

とても冷静で叙情的。
一歩引いてるくせにどこか熱くて
希望を捨てきれないわたしたちそのもの。

絵は脱力系。
ストーリーはけっこう重い。
というか、
人間の本質的なかんじ。
軽く見せてるけど中身が詰まってる。

定価で買ったけど買ってよかった。
「この素晴らしき世界」も読もうと思います。

☆4つは期待もこめて。
分断された時間軸。
だけど私たちが見れる現実なんてそんなもの。
もっともっともっと読みたいと
思わせる漫画でした。
 

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。