スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死神の精度」伊坂幸太郎

死神の精度死神の精度
(単行本BK1紀伊楽天FC2)

★★★☆☆

2008/02/08
伊坂 幸太郎

読後感、史上最強の作品。
シメがいい。私にとってはほとんどそれがすべて。

この本を
図書館で予約したときに
「映画にもなってますよね」って言われました。
そうなんだ~~~。。
調べてみたら、金城さんなんですね。ほー。。
舞台もあるんですね。
割と興味はあるけれど、
私が好きなのはあくまで伊坂さん。
実写(現実)はある意味親切すぎるので、
想像の余地のある小説が、好き。
実写は実写で別の視点から好きですけども。

今はとにかく 伊坂幸太郎が面白くて読みたくて、
彼のクセを知りたい、
作風を知りたい という気持ちが大きいので
先入観なく読んでいきたいと思っています。
それでも短編やオムニバスは苦手ですが。。

しかし連載ゆえにオムニバスのこの作品で
このように締めくくられた喜びをどう表現しよう?

前述のとおり、伊坂作品に対して在るのは興味であって
期待が大きいわけではありません。
だから純粋に捉えてるといえばそうだと思うのですが
私にとって、前置きはさほど面白くありませんでした。
んー、面白いけど、
伊坂さん特有のキャラ作りが主体。
キャラを立たせる為の前置きに感じました。

主人公はなんとなく可愛くて、憎めない。
そんな主人公を応援してるかんじになります。
しかも今回は死神が主題。
死神だって神様ですよ?
人間の及ばない力がある。
それが心地よくもあるのだけれど、
それだけじゃなかったなー。
(実際に死神かどうかはご確認あれ)
「ミュージック!」なんて可愛い。

各話多少強引かなとも思ったのですが
とにかく最後の落としどころがうまい。心地いい。

あたたかくなりました。
あっさりめの、いい作品。

ただ、感情移入はしづらいです。
ふたつの立場があって、
片一方は絶対的だから。
それでも面白いです。
興味深いんです。
最終話以外ではそこが面白かったかもしれない。
 
スポンサーサイト

「暗いところで待ち合わせ」乙一

暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)暗いところで待ち合わせ
(BK1楽天FC2)

★★★☆☆

2002/04
乙一

初めての乙一さんでした。
うーん。
なんだろう、
ゆっくりと流れる
時間の描き方はとても好き。
認知から、認識、行動までの流れ。
それが感じられるのが良かった。
繊細な空気。
繭のように脆い繋がり。

ですが全体的に見ると
実はそれほど良くはありませんでした。
まだ1冊目なので分かりませんが。。
深みに欠けるかな・・・

「感じる」部分が強い。
故に、割と表面的な印象でした。

とはいえ飽きることなくずーーーっと読めちゃいます。
面白いし、引き込む力があると思う。
ちょっとした裏切りがあったもりするし。

個人的にはあまり感動できなかったけど、
途中で泣きそうになることはありました。
フィクションとしていいお話だと思います。
現実だったら怖すぎますが。
それでも
この気持ちは分かる。
私がこの状況であれば
同じ道を歩むような気がします。

そのうちほかの乙一作品も読んでみます。
 

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル [DVD]Mr.インクレディブル
(BK1楽天FC2)

★★★★☆

2006/06/16
クレイグ・T

大学院のときの1人が出産しました。
私の、アコガレの存在的な女の子。
彼女のゼミ仲間につれてってもらって
一緒におうちにお邪魔して、
みんなでしゃぶしゃぶをしながら
流れていたのがこの映画。

この子と私の趣味は意外と似ていて
なんだかとても嬉しい感じなのですが
彼女がMr.インクレディブルが大好きというので
もっかい見てみた。
じつはずーーーっと前に1度、
見たことがある気がします。
確かDVDが出た頃に。

でもアメリカのヒーローものっていうか
結局スーパーマンでしょ?っていうか
PIXERの中でも
率直すぎるタイトルなので
見流しちゃってた感じ。
アメリカ映画の
率直なタイトルって好きじゃないんです。

credible:信じられる の反義語が
in-credible。
インクレディブル。
Mr.インクレディブルは
直訳で信じられない男って意味です。

もっと言えば
credit+ableなのかな・・・
ableがつくと「~できる」という意味になる。
acheがつくと「~痛」になるように。
(ex:heartache)

って、英語はどうでもいいんですが、
そういう意味で甘く見ていたものを
再度見てみたらとても楽しかった。
PIXERの技術力はすごいって思う。。
フェイスとテクスチャがうまい。
そもそも骨組がうまいのか?

私は3DCGには明るくないけど
これだけ見せれる3Dを作るっていうのは
想像を絶する世界なんじゃないかと思います。
ちなみにPOB-RAYしかしたことないです・・・。
あ、あと六角とか?
googleのやつとか・・・?

私は日本語吹き替え版が好き。
どうしても英語のアッサリ感が物足りない気がするから。
日本語の独特の抑揚が好きです。
タメの間とか。
全部は聞いてないけど
聞き比べるのも面白いかも☆

総合的に、
最後のほうがすっっっっっごく面白い!!
前半はすこし苦しいかな・・・。
でもその分、後半の爽快感がたまりません。
 

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。