スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタラクト

修了制作の調査中です。
修論と作品の概要提出まであと三週間。
早いなあ・・
 
面白いインタラクティブ作品を作りたいのですよ!
phidgetとかwebcamとかで。
プログラムがよくわかんないけど・・がんばるーーー。
とりあえずphidgetセンサ輸入して実験してみました。
インタフェースキットはぷらっとホームで購入済み。
ちなみに送料と輸入税だけで1万円近いです。
今回は合計7万円くらいだったかな・・(センサは各2個)
家賃払えないよーーー;
 
・IR Distance Sensor
   70~10cmの距離を測定し、0~2.5Vの電圧を発生。
   8/8/8に返る値は0~約500。
   範囲が小さいなあという印象。
 
・Light Sensor
   光センサ。
   これは使えそう。でも光はけっこう強くないとだめ。
 
・Magnetic Sensor
   ホール効果センサ。
   ホール効果とは電流に磁場をかけたときに起電力が発生すること。
   値がかなり変動する・・実用は難しいかも。。
 
・Motion Sensor
   赤外線による動きセンサ。
   センサの前で動くと値が変動する。
   赤外線ってことは暗いところでも使えるのかなあ。要実験ー。
   使えるなら面白そう。
 
・Vibration Sensor
   圧電性の振動センサ。
   ビラビラした部分の振動によって電圧が変化するっぽい。
   実用性はどうだろう・・あまりいい値をとれない印象。
 
 
flash8
映像から色を拾う実験は成功。
でも色設定って環境によってかなり難しいんじゃないかなぁ・・
暗闇で光を、とか明るいところで暗い色を、じゃないと無理そー。
 
あと、今AS3にとまどっています。
クラスとかリスナーとか未だによく分かってない。ぐおお。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホール効果について

ホール効果ホール効果 (Hall effect)とは、電流の流れているものに対し、電流に垂直に磁場をかけると、電流と磁場の両方に直交する方向に起電力が現れる現象。主に半導体素子で応用される。1879年、米国の物理学者エドウィン・ホール(Edwin Herber Hall, 1855-1938)によっ
  • 2007-02-23 05:56
  • 半導体についての知識

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。