スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「重力ピエロ」伊坂幸太郎

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ
(FC2)

★★★★☆

2006/06
伊坂 幸太郎

清々しい。
いや、命題は重いけど気持ちよくまとめてある。
相変わらず、人物像がステキであります。

ちょっとね、ちょっとね、
伊坂語に慣れてきてしまったので
そのぶん感動が薄れているのですが
登場人物たちの描写力が最高。
人間こうでないとね!って思う。いつも。

文学というほどの壁がなく、
かといってすぐそこにある日常でもない。
なんとなーく、浅田次郎に似たものを感じるかも。。
彼の本を読むと
すこしだけ人間を好きになります。
そういう意味で清々しいのかなー・・・?
なんかね。すっきりする。

ただ、ミステリとしては浅い気もするー。。
表面はとても面白いのだけど
裏切りの展開に欠けたのでは・・・・・・?
なんて記事あまり見かけないんだけど
そう思うのは私だけなのかしら・・・

あーしかしこの家族は良かったなあ。良いよーーー
映画も見たいー。
人間は弱くて悩んでそれでも味方がいるもんだ。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重力ピエロ

先日、映画の重力ピエロを見てきました。
  • 2009-06-20 19:36
  • エリのささやき

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。