スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憑神」浅田次郎

憑神 (新潮文庫)憑神
(FC2)

★★★★☆

2007/04
浅田 次郎

気負わず何かを読みたいとき、
私には浅田次郎がとても合う。
人間味があって、きちんと感情に触れる。

この本の舞台は幕末の日本だけど
感覚的には現代に通じる部分もあって
やるせない時代の流れが感じられます。
いまもそうだよね。
抗えば抗うほど苦しい。

主人公の生き方、考え方、信念、
そういうものに心動かされる本でした。
かっこいいよ!
開国派も!!
徒花だって輝けるんだと、信じましょうよ。

映画にもなっているみたいです。
主人公は妻夫木くん。
もちょっと大男のイメージがあったけど、
まあ雰囲気は良いかもしれない。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。