スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネイチャー・センス展」森美術館

都内での打ち合せの帰り、
せっかくなので何か展示を見ようー
と思って、森美術館のインスタレーション行ってきました。

ネイチャー・センス展 ポスター
SENSINGNATURE ネイチャー・センス展

日本の自然知覚力を考える3人のインスタレーション。

尚、3人とは吉岡徳仁篠田太郎栗林隆
ネイチャー・センスとは「自然を知覚する潜在的な力」とあります。

作品や空間を体感するスケール感のあるインスタレーションによって、
私たちのネイチャー・センスの覚醒を試みる展示とのことでした。

とにかく、人間の感覚を刺激するようなインスタレーションだなんて、
私の研究領域!?どんな表現をしてるんだろー?と思って、
ちゃっかりチケットぴあで前売り買ってから行きました。笑
(前売りは一般1,200円、当日券だと1,500円)

結論から言うと、私の求めていたものとは違って
アート的な作品ばかりだったのですが
「自然」を捉え直す、別の角度から見る、考えるきっかけをつくる、
という意味で、ああアートもインスタレーションだったんだなー
などと、違うところで、しかも今更ながらに感心していました。

インスタレーションってもっと
見る人の感覚を反映するものだと思ってたんですよね。
人それぞれ感覚が違うのだから、表現も異なるべきだと。
でも体験から想像を膨らませるという点においては
別に作品の表現手法自体が必ずしも変化する必要はないんだなー。

私、現代美術ってあまり好きじゃないというか、
なんだかもう何でもアリになりすぎて、
なんでこういう作品になったのか、この人はどんな人なのか、
考える術も余地もなく どーんと表現があって、
うーん…これ何…?っていう、なんか、どうにも、
意味ワカンネ って印象を持っているのですが
この展示は「自然」という共通認識事項が根幹にあるからかな?
いろんな点で楽しかったです。

作品自体だけでなく、
空間設計や照明や見せ方やそういうのも参考になりました!

↓吉岡徳仁《スノー》
写真 1

個人的にはやっぱりね、
ほんと「やっぱり」って言われそうなんだけどね、
「忘却の模型」が好きだあああああー。

「忘却」が「滝」というのはなんとなく分かる気がする。
私は「記憶」は「知らないうちに散っていく粒子」なんだけど
「忘却」として考えると、確かに絶えず流れ落ちるもの。

すごいキモイ作品なんですけどねー
私そういうのが好きなんですよねー。
滝の流線が魅惑的で、白と赤のコントラストがきれいで、
雨どいに落ちるようにボロボロこぼれていくほうの赤は
目に見えて止めどなく落ちる様が気持ち良くて…。

↓篠田太郎《忘却の模型》
写真 2

写真 3

あとは屋台の上の苔がちゃんとナマモノで、
お姉さんがたまにシュッシュしてあげてたのが良かったなー。

残響にしても屋台にしても、
プロジェクタでの投影手法が興味深く思いました。
特に残響で、2画面見えるところに立つと不思議な感じがする!
面白いー。

↓栗林隆《yatai》(屋台自体はwebでは《無題》)
写真 4

この日は火曜日だったのですが、
森美術館って火曜日だけは17時までなんですね。
あまりゆっくり見られなくて残念でした。。

同時開催されていたトロマラマも面白そうでした

↓コマ撮り映像作品で、ぜんぶ木彫りなの!好き!
写真 5

そのあと追加300円で展望デッキ(まじで屋上なのー!スゴイ!!)に登って
ひとりで1時間くらい、めーーーーーっっっっちゃめちゃトキメいて
興奮しまくってあああああ~~~ってなりました。超オススメ!!!!!

↓夕暮れ
写真 1

↓突然へんなものがある。なんだと思う?遊具ですw
写真 3

↓鉄骨とか機械とか夜景とかキュンすぎて泣く
写真 4

↓こういう廊下をひとりで歩くのもタマラン…!!
写真 5
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。