スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダーク」桐野夏生


ダーク (上)(講談社文庫)
(2002/10)
桐野 夏生

★★★★☆

徹底的に救いがない。
全員が理性を失い、悪になり、
しかも納得できないまま
終わってしまう事態が多すぎる……。

桐野夏生の本は
常に粘りつく居心地の悪さを感じることが多い。

知らないうちに自身の中身にキズをつけられて、
そのまま立ち去られた感が残ります。
読後ホントしんどいwww

ダークは本当に…酷い話でした。
「柔らかな頬」よりも酷いかもしれない…
ひとに勧められない本です。

でもこういう本ってほかにないとも思い、
この人間くささがクセになってしまうのです。
自分よりも汚いもの見たさのような、
しかしそれを読み続ける自分も汚いような、
なんだか延々と暗く深く中身に落ちてっちゃう感じでした。

こんな人が主人公なのも嫌w
女って気持ち悪いなーとかも思う。。
力が弱い分、計算高い。

久恵なんて特にそう。
たまに自身の弱さを武器にして、可愛げがない。
ミロも大概可愛げがないけどww
裏で何考えてるか分からなくて、気持ち悪いです。

実際に希望を失った人って
こんなに能動的になれない気もするのですが…、
特にこのような場合は……わたしは無理。

だけど、ソに関わってからのことだけとれば、
ああ、こういう気持ちにはなるだろうとも思います。
受動的な愛情が能動的になるとかね。

只、ミロは大切なところで短絡的すぎないか?
それが可愛いところなのかなー?
そこがとても気になりました…

とはいえ、
こんなに感情をえぐるような小説も本当に稀有なことと
ソの過去の描写がとても心に残ったこと、
「本当に残酷な存在」について描かれていることが
わたしにとってとても好きなところでした。

今回、ミロシリーズを続けて読みました。
「頬に降りかかる雨」を持っていたので再読し、
図書館で続編を借りて行ったのですが
「天使に見捨てられた夜」を読んだあと今作に飛んでしまいました。
(調べて借りたのですが、その記事が違っていました…)

「水の眠り灰の夢」「ローズガーデン」は未読です。
でもこれ読んだあとだと、うーん、ってなっちゃいますね。。

ちなみに、わたしはいま31歳になって数日ですが
死に向かおうって気持ちは凄く分かります。
友人は自死してるし、家族が病死してるけどなおそう思う。

自分で選択する死は魅力的。

暗い気持ちではないのですが、
私が今生きてるのって、親が責任を果たしただけなんですよね。
「結婚する」「子を生む」ってゆー。

当時はそれをしないと生きづらかったと思うけど
それが薄くなってきた今、
子を生むってどんな意味に変わってくのかなー。

まあそれは置いておいて、
ミロにも久恵にも友部にも罰を受けて欲しいです。
大人は怖いと本当に常々思います。

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。