スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海辺のカフカ」村上春樹

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
 
★★★★★
 
2005/02 村上 春樹

読みました。
 
「国境の南、太陽の西」は本当にどうしたのかと思ったけど
これを読んだらやっぱり私は村上春樹が好きだった。
 
私の中では「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」が傑作で
何度か読んではその構成力や表現力に感動を覚え、
その世界に身を浸し、独特の感情を喚起させていました。
村上春樹の長編は全部読んだけどこれがどうしても好きでした。
 
だがしかし!
「海辺のカフカ」、かなり良かった。
展開方法は「世界の終り・・」に似てる。
いくつかの別世界の、並行した流れ。
それぞれが持つ、異なる世界観。
 
そしてそれらが収束していくときの高揚感がとても好き。
 
主人公は15歳の少年で
ウイスキーは飲まない。
経験も少ない。
だから最初はすこし不安を覚えました。
この子が物語をひっぱっていけるのかなあって。
でも、15歳は逆に、その年齢が内包する生きづらさや人生観が魅力だった。
自己確立していない年齢。
将来への不安。
初めて見る新しい世界。
家族のしがらみ。
私が失ったものがあったように思う。
 
葛藤があって
恋があって
愛があって
憎悪があって
恐怖があって
希望のようなものがありました。
現実的ではないけど人間的。
そういうところが、「世界の終り・・」より好きだった。
途中途中で涙が出る。
 
いつも、生きることによって失っていると感じていました。
そして同時に何かを得ていると感じていました。
それがこの本ですこし解決した。
失っているのは選ばなかった可能性。
得ているのは選んだ道にあるものたち。
たぶん、私が村上春樹を好きなのは、哲学的な解決があるとこです。
そしてたくさんの魅力的な登場者たち。
 

コメント

ごめんね。

いつか書きます。
いつかきっと書きます。

少し時間がかかりそうなんだ…
  • 2007-08-19 21:16
  • URL
  • スマ #-
  • Edit

海辺のカフカ感想

15歳の少年の家出それにより、動きだす物語。

キーワードは「メタファー」「隠喩」出会い導かれ様々なことが意味を持ってくる。並行して動きだし、やがて物語はつながる。確かにあの高揚感はたまらないね。どんどん引き込まれていく感じがよくわかった。

また、幼さがついて回る感じがすごい絶妙。感服しました。あとやはり、主人公を取り巻く人物達が個性的で一人ひとりに物語があり、それぞれに魅力を感じた。特にナカタさんの物語に出てくる星野青年は、最後のほうで、オレが感じているものを代弁していて、さらに物語に引き込んでくれるキーパーソンのように思った。

あと個人的に、甲村記念図書館の大島さんがすきだ。彼は彼女は物事を客観的にみせてくれて、主人公の置かれている状況を捉えやすくしてくれる。そうすることによってより主人公が引き立つ。それも大事だけどそんなことより大島さんの現実主義的な考え方がすごい好き。

ホント友達になりたい。

遅くなりました。
ホントにいい本教えてくれてありがとう。
出会えて良かった。
  • 2007-08-22 02:05
  • URL
  • スマ #-
  • Edit

これは私が今まででいちばんの本。
スマの感じ方を聞けてうれしいです
というか読んでもらえてうれしいです

分かるだろーーー!!
あの高揚感!
読むのが遅い(解釈に時間がかかる)私でも
そらもう猛烈な勢いで読んじゃうよ特に下巻。
ドキドキしてやまなかった。
森のなかの家、
少女、
兵隊も気取った猫も
なんだかもうすべてが巧妙で
本当に魅力的なんだー。

感想ありがとう。
うれしいです
  • 2007-08-23 01:36
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

わたしも好きです^^

村上春樹さん、わたしも好きです。長編は世界観がすばらしいです!でも今思い浮かんだのは「パン屋再襲撃」の中にある短編「ファミリーアフェア」(たしかこのタイトル)。これは独特だしユーモアもあって、わたしは本当好きです。
  • 2007-09-14 15:33
  • URL
  • kana #-
  • Edit

書き忘れ・・・

あとリンクから作品のページ、のぞき見してしまいました^^
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」のタイプフェイスデザインがすごくいい!と思いました。
  • 2007-09-14 15:37
  • URL
  • kana #-
  • Edit

うれしいですー!

独特なお話…気になります!
私は短篇がすこしにがてなので
その本は読んだことがないです~。
図書館か本屋さん行ったらチェックしてきます(*'∀'*)
楽しみが増えました~♪えへへ

作品見てくださったんですか!
わあわあありがとうございます!!
タイプフェイス…懐かしい響きです~~
学生時代はタイポグラフィの授業が好きで、
一生懸命考えてました~~
就職してからは書体をつくることなんてないから
懐かしくて嬉しくなりました(>∀<)
感想ありがとうございますーー!
  • 2007-09-15 17:57
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。