スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(下)
 
★★★★★
 
1988/10 村上 春樹

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)
 
★★★★★
 
1988/10 村上 春樹

「世界の終わり」と「ハードボイルド・ワンダーランド」という
二つの世界が、交互に綴られて進んでいく本です。
どちらも現実にある世界。
自覚しているかしていないかの違いだと私は解釈しています。
 
ハードボイルド・ワンダーランドでは
私達が楽に生活するために蓋をしてしまったり、
あるいは単に見えなかったりするところで
こんな静かな戦いが存在するのかなあとか
ふしぎに現実とリンクして読んでしまいます。
 
世界の終わりでは自分の力と世界の力との差を感じて
切なくなりながら、無力を感じながら、
でもなんとなく希望があるような、
ふわふわした感覚を感じました。
 
村上春樹さんのなかで最高に好きな小説です。
主人公はやっぱりかっこよくて、
出てくる女性はやっぱりすてきな包容力。
やみくろとか夢読みとかもたまらないです。
 
↓文庫オフ
http://www.bunkooff.co.jp/product_info.php/authors_id/792/products_id/10100134
 

コメント

文庫OFFから来ました。
トラバキャンペーンですが、リンクを張ったください、って書いてあるので張ったほうがよいですよー。

  • 2005-11-02 09:15
  • URL
  • ちゃー #NF81PDiM
  • Edit

はじめまして。

「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は買って以来、かなり経ちますが、いっこも先に進んでません。
というのも、ちょっと読んでは挫折。またちょっと読んでは挫折。を繰り返していたからで。しかも挫折のたんびに振り出しに戻っていた…

でも、桜満さんの感想を見て、そんな話だったのかー、とちょっと興味がわきました。
時間ができたら、また挑戦してみようかな。


  • 2005-11-04 11:47
  • URL
  • こぎと #-
  • Edit

難しそうな話だねえ^^こもりんは幅広いからいろんなのこなせていいなあ^^私は活字がでてきたとたん目が凝ってくるもんwwwなんとかパソコンなら文字見るけどね(笑)パソの場合文字見なきゃはじまらんぶぶんもあるかwwいや本ならもっとそうだwww
  • 2005-11-04 20:08
  • URL
  • akiko #-
  • Edit

どうもコンバンワ。
なんかフロイトみたいですね。
僕も機会があればいつか読んでみたいですねぇ。
本の中の世界感、登場人物の世界感とかスゴイ興味がわきました。
それと…
田口ランディの「アンテナ」読みましたよ。
なんかスゴイッスよねぇ…
神秘的というか…なんというか、切り口がもうすでに違うというのか…

お姉ちゃんが帰って来るよっー!

…って感じですよね、ホントにオモシロかったです。
イイ作家を紹介していただいてアリガトウゴザイマした。
  • 2005-11-04 23:17
  • URL
  • スマイルK #-
  • Edit

ひーえー

レレレレスが遅くなりすぎてごめんなさいごめんなさいごめんなさい

●ちゃーさん
うはぁ!∑ありがとうございます(>_<)今はっておきました!
自動リンクじゃなかったのかーーー!
うわあーほんと感謝です!

●こぎとさん
ああっそういうのありますよね!分かりますー
この本は中盤から一気にぐおーっと面白くなる気がします~~~
私もこれ、最初はそんな感じだったんですけど
がまんして読み続けたらすごく引き込まれました。
今ではほんとに一番すきな本ですーーーv

●あっこちん
うへー、難しくないよぉ!!
解釈はそれぞれでいいんだから私は想像力はたらかせるだけだしっっ
幅広いなんて恐れ多し~~~o(゛ε゛)o
私はあっこちんにめっちゃアコガレてるでvv
中学んときの自作曲、ほんと衝撃やったもん!

●スマイルくん
村上春樹さんのねー雰囲気が本当に好きなんだけどねー
この本はほんとにほんとに格別っ
こないだ学校でデッサン用の動物の頭部骨格みて、
この本とリンクしてめちゃめちゃワクワクしたww
すこし長いけど機会があったらぜひー(*´∀`*)

ひゃー!「アンテナ」読みましたか~!!
すごいよね?すごいよね?精神世界!宗教的世界!
彼女の鋭さがたまらないよーくせになるよー
田口ランディさんはほんとはエッセイストで、エッセイも面白いんだけど・・
私はこうゆう物語が大好きなんだよね~~。

読んでくれてありがとうー、なんかうれしいなあv
  • 2005-11-14 00:48
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

はじめまして。

こんばんは、村上春樹さんの作品が大好きで、
ブログの記事、見させていただきました!!

「中国行きのスロウボード」って読んだことありますか?
こちらもお勧めの作品です。

図書館とかにもあると思います。
是非体感してみてください。

それと、トラックバックさせて頂きました。
宜しくお願いします。
  • 2006-01-26 01:19
  • URL
  • やまなみ #-
  • Edit

はじめまして、コメント・TBありがとうございます(*゚∀゚*)
中国行きのスロウボートは一度とあるカフェにあるのを見かけたことがあります。
短編なんですねー。
春樹さんの短編はレキシントンの幽霊しか読んだことがないや・・
この本は、今読むべきかもしれないですねえ・・
中国人の試験官とのおはなし・・?かな?印象としては。
中国との関係、この時代に書かれたお話。気になりますー!

あ・それからビートルズの1持ってますよv
私は音楽はないほうが読めるんですけど、本を「映画」として捉えるのも面白いなって思いました。
  • 2006-02-05 22:15
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

A-NET文庫 第1回 村上春樹meetsビートルズ

世には「ながら族」というものが存在する。彼らは、二つの活動を同時進行することで、《時間短縮》《感動・興奮の相乗効果》などを可能にする。そんな「ながら族」のために、A-NETが自信をもって、『本』と『音楽』の最高の組合せをご紹介。本を読みながら、...
  • 2006-01-26 01:44
  • A-NET NEWS

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。