スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カフーを待ちわびて」原田マハ

カフーを待ちわびてカフーを待ちわびて
 
★★★★☆
 
2006/03 原田 マハ

舞台は沖縄・与那喜(よなき)島。
冒頭からすごくゆったりと、穏やかな時間が流れる。
なまあたたかい風、広い空と海、珊瑚の砂浜。
ふさふさの犬とビーチサンダル。
景色がありありと目に浮かんで、
読んでいてのびやかな気持ちになる。
自然は気持ちいい。
 
私は装丁と題名にひかれて読んだのだけど
ラブストーリー大賞作品なんだって。
多分、群を抜いて完成度の高い作品だと思う。
風景、環境、人々の立場や考え方、雰囲気、
そういったこまごまとした大切な描写が上手くて
すんなりと世界に溶け込んでしまう。
心理描写なんて本当に繊細。すきだなぁ。
 
内容もとても素敵です。
切なくてぎゅっとなったり
緊迫したり疑ったり不安になったり笑ったり
みんな何かを抱えて生きて、影響しあって、繋がってる。
 
電車で読んでいたから泣かなかったけど
ふつうだったら泣いてます。
おばあと幸との意地の張り合いもよかった。
島の仲間との深い信頼関係も、
カフーのあたたかさも。
カフーは私の中ではふさふさの犬で
もーくしゃくしゃってなでたくなっちゃう。
幸さんもすごく好き!!
綺麗なのにおてんばだし、哀しいのに強い。
 
文章よりは描写かな。
世界観と内容がとても良かった。
願わくは続きが知りたい~~~…!
気になるようぅぅぅ。。
でも読後感はあたたかくて幸せです。
 

コメント

初めまして!
この本、素敵でした。
沖縄に昔、旅行をした時の風景と
物語が重なって楽しく読みました。
たまに訪問させていただきますので
よろしくお願いします。
  • 2007-10-23 17:11
  • URL
  • ノリかめ #-
  • Edit

はじめまして、コメントありがとうございますi-262

この本よかったですねーーー!
私も一度だけ沖縄に行ったことがあって(那覇ですが)
日本とは思えない海の色とか空の広さを思い出しました。
だけど島に行ったらもっとよく分かるんだろうな・・
先日知り合いが与那国島に行ってきて写真を見せてもらったのですけど、すっっっごく海が広くてはじっこが遠くてほんとうに綺麗でした。
あんな砂浜で遊ぶんだろうな・・なんて考えてました。

旅行とかの記憶があると一層楽しく読めますよね~~(*´▽`*)

わあわあ*ぜひまたいらしてくださいi-237i-187
  • 2007-10-24 03:09
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。