スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ライオンハート」恩田陸

ライオンハート (新潮文庫)ライオンハート (新潮文庫)
 
★★★☆☆
 
2004/01 恩田 陸

ソウルメイトという言葉を思いました。
深いとこで繋がってる愛。
でも現実にはいろんな、いろんなしがらみがあって
うまくいかない切なさもすっごく伝わりました。
不思議な感覚の本です。
タネ明かしのテンポがとっても気持ちいいです。
読後感は、今まで読んだ本で最高かもしれません。
苦しい愛のお話だけど、終わり方は好きです。
 
お互いに大切に想ってても
なかなか思い通りにならないことって凄く多い。
それは相手のことを考えすぎるせいだったり
周囲の状況のせいだったり色々だけど
そういうときってみんな苦しいんだよねえ・・
切ないー。
って、感じながら読みました。
 

コメント

ライオンハート感想

何度も一瞬の出会いを繰り返す、エドワードとエリザベス。時には、エドワードは絶望した青年として、エリザベスは死の宣告をされた少女として、時には夫婦であったり。夢を通じてお互いを思い出し、ようやく出会うが、二人にはすぐ別離が訪れる…。

きれいな作品だと思いました。おうみさんの言うとおり読み終わったあとは、その余韻にいつまでも…という心地よさがあります。とても繊細で細やかな文章で映画を見ているような鮮明さを感じました。
確かに切ないです。
一瞬のために二人は夢を見て…ようやく出会い、その喜び、想い、を爆発させる。しかし、つかの間すぐ二人に別離が訪れる。そして、時を越えて繰り返す…。ソウルメイト。その言葉はしっくり来る。それと、想い純粋さにこの作品の美しさと心地よさを感じました。
  • 2007-08-16 21:00
  • URL
  • スマ #-
  • Edit

そうだった!!
私がなぜソウルメイトと感じたのか
やっと思い出したよありがとう。
そうだった。
繰り返される繋がりだった。

読後感いいよね。
スマの文みて思い出して、
きれいな流れが頭に浮かんだ。
ありがと!
読むの早いね~~Σ

私はなんでこの本を手に取ったのか…
まだ思い出せないのだけど、
出会えてよかったなー。

少女のエリザベスの章で、
人ごみをかきわけてかきわけて
なかなか辿り着けずに
もどかしい気持ちをとても覚えてる。
  • 2007-08-17 10:41
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。