スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふたり」赤川次郎

ふたり (新潮文庫)ふたり (新潮文庫)
(bk1楽天FC2)
 
★★★★☆
 
1991/11 赤川 次郎

初めての赤川次郎。
私はミステリーよりファンタジーが好きだから
ファンタジーっぽいものを選んでみた。
なんだかドラマになっていたような気がした。
調べてみたらやっぱりそうなんだねー
連続テレビ小説ではなかったかなぁ。
 
 
とても読みやすい本だった。
懐かしい甘酸っぱい時間があって
だけど立ちはだかる現実は無情で
切なかったり悲しかったり嬉しかったり
いろんな感情を喚起した。
 
 
姉妹はどことなく私たちに似てる。
姉の私は親から妹をかばい、いい子を貫いていたし
妹は小さい頃はおとなしい子だった。
今では私のほうが低血圧でおとなしく、
妹のほうが明るい体育会系になったけれど。
 
でも分かる。
姉妹って不思議な繋がりを持ってる。
無意識にお互いを頼りにしていたりとか
私は妹の「存在」だけでかなり救われてきた。
 
家族という強い信頼感。
たまに疎ましさを孕みながらも
それはほんとうに人間にとって大切なものだと思う。
実際、姉妹同士で乗り越えた問題も多かった。
 
 
だからこの本は私に合っていたんだと思う。
でも切なかった。
抗えない現実が、無数の細い針みたいだった。
受け入れるしかない、でも納得なんかできない。
 
母親の気質が今の私に似ているのも苦しかった。
まわりに重圧をかけてると分かりながら
自分ですら持て余す自分自身。
 
みかはよく頑張ったなぁ。
みかに憧れた。
(そして私の妹もミカという)
 

コメント

TBどうもありがとう

アスランです。

TB返しついでに蛇足コメントします。
赤川次郎「ふたり」は、大林宣彦監督の新・尾道三部作の一本として映画化されていますよ。もしよろしければこちらもどうぞ。オススメです。
  • 2007-12-01 16:45
  • URL
  • アスラン #6AWUBD.o
  • Edit

こちらこそ!

楽しく拝見させていただきました!
コメントわざわざどうもありがとうございますーーー*

ふたりはドラマじゃなくて映画だったんですね・・
いろんなサイトみてたら気付きました。
これも面白そうですね!
尾道は、熊野古道とまちがえて一度行ったのですが
情緒溢れる町でした~~~。
なんだか雰囲気に合うなあ。
ありがとうございます(*´エ`*)
  • 2007-12-02 02:11
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

2007年「『新潮文庫の100冊』VS『ナツイチ』VS『発見。夏の百冊 角川文庫』」

「発見。」「ナツイチ」「新潮100冊」の順に、毎夏恒例の一年前の同フェアとの内容比較記事を書いてきた。今年はフェア開始当初から珍しく小冊子を全部手に入れて、やる気満々で調査を開始したが、「発見。」が「ナツイチ」のスタイルを大胆に取り入れるという改革を今年か..
  • 2007-12-01 16:42
  • カンガルーは荒野を夢見る

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。