スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天国までの百マイル」浅田次郎

天国までの百マイル天国までの百マイル (朝日文庫)天国までの百マイル
(BK1紀伊LiveD楽天FC2)
 
天国までの百マイル(朝日文庫)
(BK1紀伊LiveD楽天FC2)
 
★★★★☆
 
1998/11
浅田 次郎

初めての浅田次郎。
たぶんこれ、母親がもっていたような気がします。
表紙になんとなく見覚えがあったので借りてみました。
調べたら映画にもなってるんですねー。
 
とても穏やかな文章だと感じました。
このあとも何冊か読んでるのですが
どれにも共通して、真ん中にひとの暖かさがある。
読んでいて気持ちがいいです。
ああ、人間っていいなあと思う。
 
この本では家族の情が主題になってるけど、
家族の関係って難しいですよね。
うちの家もすこし特殊なのです。
婿養子で自営業の父と、家長として偉ぶっていた祖父。
その関係はすごく張り詰めていて、
夜になると父はよく私たちを殴りました。
けれど現在はすっかり衰えてしまった祖父母には介護が要る。
公務員で気丈な母は、自分の楽しみで頭がいっぱい。
だからお互いに気遣えなかったり、憎んだり、蔑んだりもする。
家族だからって無償の愛情をもって相対できるわけじゃない。
 
この家族のなかにある空気も、
許容できない家族を抱えたひとたちのものだと思う。
だけどそんな中、自分の人生のすべてをかけて
母親を救おうとする安男の姿は痛く響きました。
本当に痛かった。
私はここまでできるだろうか
私は多分、祖父がいなくなっても泣けないと思う。
凄く苦しい思いをしているけれど、安男を羨ましく感じます。
 
それから、安男の出会う人々は本当に気持ちがいいですね。
人のために何かをする力って素敵です。
こういうとき人間でよかったって心から思う。
 
ああでもマリさんは切なすぎました。
泣かされました。
愛情ってなんだろう、そういうものなのかな。
やるせないよー・・。
 
すごくいい本です。
年齢によってどんどん印象がかわっていく本だと思います。
また数年後に読みたい。
 
*
 
ちなみに、モデルとなった病院は実在するそうです。
千葉県の鴨川(作中では鴨浦)にある、亀田病院ていうとこらしい。
すごく評判のいい病院なのだそうです。
この病院は浅田次郎のほかの小説にも出てきてました。
 

コメント

読みまーす

 本屋に買いに行きますねっ。読んだら感想コメントします。
 ザ・マンザイ あさのあつこ4冊買いしたら,中1の息子が3冊持って行き読んでいて,小4の子は図書館で3冊読んだから4冊目借りるよっと持って行きました。父のは?
 
 さてっブログ友達さんから紹介されました。
 脳内メーカーがはやっていますが,名前を入力すると天国の自分から手紙が届いたという設定で手紙が来ます。占いみたいなモノと割り切ってやってみました。自分は88歳で天寿を全うするとか・・・。占いなのでいいとこだけ信じてみようっと。ただし死に関することなので不愉快に思われたらごめんなさい。忘れてください。削除も可です。ではっ。
 天国からのメッセージ
 http://www.uremon.com/heaven/
 

こんばんは^^
★☆ユウ☆★ です。
趣味の幅がひろいですね~
応援♪
  • 2007-12-14 18:37
  • URL
  • ★☆ユウ☆★ #-
  • Edit

● がっちゃんさん

こんばんは☆
あさのあつこどうですか?
岡山のひとなので気になってるのですが・・
なんとなく読んでません~~。
お子さんが本好きなのっていいですね♪
すてきですーー!!

うそこメーカーおもしろいですよね。
でもこれはやらずにおきましたwww
こわい結果でたらやだからwww


● ユウさん

こんばんはー(o・v・o)
応援ありがとうございます!
いまは体調くずしてるので
長いこと我慢してた本とネットに没頭してるですよ・・
小説おもしろいですーーーーーっ
  • 2007-12-19 06:07
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

ライフワークみたいな作品です。音楽も素敵でした。
  • 2008-07-22 22:05
  • URL
  • たかし #-
  • Edit

● たかしさん

こんにちは、コメントありがとう。
映画はまだ見たことがないんです・・・
でも素敵なんだろうな。
機会があったら、見てみますね*
  • 2008-07-28 13:57
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

はじ

私もやっと読みました。
やっぱりちゃんと感動しちゃいました。
泣けるのに読後に清々しい気持ちになれたいい本でした。
またお勧めの本があったら紹介して下さいね。
  • 2008-09-04 00:45
  • URL
  • 株なでしこ #bOdOoI4s
  • Edit

●株なでしこさん
こんにちはi-179i-189
コメントありがとうございます。
そうなんですよー
ココロの無防備なぶぶんにふわって触られるかんじ。
浅田さんはそういう書き方が本当に上手だなあと思います。。

こちらこそこれからもよろしくお願いします*
  • 2008-09-08 10:54
  • URL
  • おうみ #6gizW44w
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「青幻記 遠い日の母は美しく」「天国までの百マイル」

●青幻記 遠い日の母は美しく ★★★★ 【NHKBS】 太宰治賞を受賞した一色次郎の自伝的同名小説を、吉田喜重や大島渚の撮影監督を務めた名カメラマン成島東一郎が監督デビュー作として映画化。奄美の沖永良部島を舞台に名優・田村高廣が数十年ぶりに母の眠る島を訪れる
  • 2008-01-01 14:53
  • ぶーすかヘッドルーム・ブログ版

浅田次郎【天国までの百マイル】

ひとことで言えば、 天下無敵の泣かせ小説 あるいは 涙の核弾頭 である。 主人公は「安男」という名の中年男性。バブル経済崩壊後に自分の会社を潰してしまった経...
  • 2007-12-13 10:09
  • ぱんどらの本箱

「天国までの百マイル」浅田次郎

「天国までの百マイル」浅田次郎 会社をつぶしてしまい、妻と離婚。。。 子供の養育費は、月給の全て。。。 そんな男の母は、心臓に病をもち、 その命はあとわずかだと告げられる。。 そんな中、男は百マイル離れた房総の港町に 天才外科医がいると知り。。。 ...
  • 2007-12-13 09:05
  • 読書感想文 と ブツブツバナシ

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。