スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明に在る

別窓で開きます別窓で開きます
23日、ともだちの個展に行ってきました。
その日が最終日だったのですが
とってもすてきな展示でした(*゚v゚*)
 
こういうのって見る人が解釈して楽しむもので、
美術館なんかでは制作意図というか
「答え」は絶対に教えてくれません。
「こんな見方もある」「実はここに工夫がある」
ってことは教えてくれるけど、
解釈は鑑賞者に委ねるべきだと指導されてるそうです。
(監視員の子が言ってた)
 
でもこういう個人的な展示会では
制作者の制作意図やコンセプトも聞けるから楽しいです。
自分の解釈や気付いたところを話しながら、
新しい視点を見つけていけるのが本当に刺激的。
 
でもこういうのは「デザイン」だからってのも理由のひとつです。
基本的に、デザインは答えや意図がないといけません。
こういった考えに基づいて、それを伝える為にこう表現したっていう「答え」がある。対して美術館にあるのは「アート」なので、表現は表現者の自由なのです。

 
*
 
今回の展示会のタイトルは「unconscious/subconscious」。
consciousは意識的って意味だから、
無意識的/潜在的内面の表現ってことだと思う。
 
人間って、多分ほとんどが無意識なんですよね。
生命維持に関する機能についても
感情の制御についても。
「笑いたい」と思っていても楽しくないと笑えないように。
自分の意思で動かせる部分って酷く少ないんです。
健康を失うとそれがすごく分かる。
 
で、そのなかにあることばにならないものたちを
形にして、空間を飾って、
こうして表現できるというのは素敵だし興味深いです。
自分のなかに何があるのか。
形になって初めて気付く部分も多くある。
 
*
 
作品の主体は、まずは時間の流れでした。
これは人が生きてることを考えると必然ですね。
そしてその流れの中で散らばっていくイメージたち。
日記から空想、ぽんぽんと派生する何か。
大きな時間の流れから外れていく何か。
 
この子はテキスタイルで染色を学んでいる子で、
布はぜんぶ自分で染めてます。
カラフルな見た目もすっごく可愛かった!(*´▽`*)
 
私がいちばん気に入ったのは色と無色の対比でした。
色つきの糸を囲む透明のテグスや、
透明のグラス、カップ。
角度によって見え方が変化するし、
近寄らないと見えないところや
光を反射してキラキラするところが凄く良かった。
 
担当の先生的にはグラスはいらないらしいんだけどw
私はグラスがあるほうが絶対いいと思うなあー。
 
*
 
久しぶりに展示を見て刺激的でした★
やっぱりたまにはちゃんとこういうものに触れないとダメだー
感覚がどんどん鈍ってしまう。
他者の感性に触れると本当にドキっとすることがたくさんあります。
面白かったーーー。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。