スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベネッセアートサイト直島

別窓で開きます
ベネッセハウス パーク棟
別窓で開きます
南瓜

直島に行って来ました。3回目。

参考:ベネッセアートサイト直島直島観光2007

1日目は地中美術館
ミュージアムリンクパスで100円引きでした
それでも1,900円ですが・・・。高い。
けど、この美術館なら納得できます。
本当におもしろい。

出展作家は
クロード・モネジェームズ・タレルウォルター・デ・マリア
たった3人です。
しかも常設展のみ。

というよりも、ほかの美術館とは概念が違っていて
建築と作品とが一体となってるのですよー
作品ありきの展示室。
かなり興味深いですよ!!!

大好きなのはモネの部屋。
静謐感がたまりません・・・・・・
あの空間美!
そして悠々と存在する睡蓮。
あの部屋が自然光で成り立ってることにも驚きです。
カドにはアールが効いているのもあって、
不思議な感覚に陥ります。

ただし、「絵」本来の色は見えてないと思います。
反射光で色味は変わってしまってるので。。
ですが空間と作品との関係性が素晴らしい。
ずっと部屋にいると目が慣れてきて、
また違った見え方がしてきます。
飽きない。。。。。
コンクリートの椅子に座って
ぼーーっと眺めるのもオススメです。

それからタレルさんのオープンフィールド
これは最初は絶対驚くはず!
これも不思議ーーーーな感覚に陥ります。
詳しくは内緒。
実際に見て欲しいです。

予約しないと見れないオープンスカイもいいですよ!
かなり安らかな気分に・・・。
いびきの声が聞こえるほどですw
土日しかやってないうえ定員があるので、
1ヶ月前くらいから予約しないと厳しいです。

地中美術館は安藤忠雄
というか直島のアート計画はほとんどこの人ですが・・
地中美術館の感覚喪失の面白さは
幼少時代の冒険心をくすぐります。
どこがどう繋がってるのかわからない。

ここもコンクリート打ちっぱなしで、
成羽美術館に少し似てる部分もあります。
(特に植物のあたり)
雨の日は不便な設計ですが本当に面白い建築です。

*

ディナーはベネッセハウスのテラスレストランで。
いちばんお安いローズマリーコースですが4,200円
サービス料が10%。
もーほんとおなかいっぱいです。
これで充分です。
もっと高価なものを食べてる方々は一体どんな胃袋を・・・

直島のビーチが目の前で、かなり気持ちいいですよ~。
こんなリッチな食事してたら
アートコンセプトの「自然への回帰」なんて無理すぎるけどね。
所詮ビジネス・・・。

ベネッセハウスに泊まらないと見れない作品もあります。
大好きな須田悦弘さんの「バラ」が見れて嬉しかった!!!

この方の作品はベネッセアートミュージアムにもあります。
「雑草」。
階段を上がったところにあって、
ぱっと見限りなく雑草
だけど木製です。
コンクリートに感じる生命というのは不思議ですよ。

家プロジェクトにもこの方の作品が追加されてます

家プロジェクトは2日目に。
1,000円に値上がりしてしまいましたが、
これまでの4作品に加えて新たに3つ公開されました。
直島スタンダード展のときのそのままですが。

本村をかなり歩き回ることになります。
特に「石橋」はけっこう遠い。
いい運動になりますけどねっ!
レンタサイクルで動き回ってる方も多いです。
でも私は歩くのが好き。

ただ、本村は3年前に比べてかなり人工化されました。
山道は舗装されたし、
古かった神社は修復されて、
観光客もとても増えました。
新しくできたカフェもたくさん。

ちいさな村なので結構ぎゅうぎゅう感・・・。
それだけがすこし残念です。

家プロジェクトで好きなのは
やっぱりタレルさんの「南寺」。
こんなこと思いつかんやろ普通!!!と思う。
緻密な計算に愕然としますよ・・・

宮島さんの「角屋」も好きです。
達男垣は虫に食べられてしまったそうで
今は3つの作品になってしまいましたが
その中でも窓のところの作品が好き。
内と外との関係、数字、区切り、時間。
ゆっくり見て色々考えてみるのが楽しいです。

あ!「きんざ」だけは予約が必要です。
これも1ヶ月くらい前からしないとキツイですねー
1人づつで、15分くらいかかる作品です。

*

直島での移動はバスがおすすめですよー
車では行かないほうがいいです。
道狭いし駐車場もあんまり無いし。
バスは「すなおくん」。均一で100円。
本数は少ないので時間チェックは忘れないでー。
ベネッセ泊ならベネッセのバスにも無料で乗れます。
こっちのが本数は多いかな。
宿泊はベネッセ以外にも本村の民宿と海岸のパオがあります。
パオは冬でもなかなかあったかいらしい。
ここは未体験ですが海岸の目の前でいいですよ!!

家プロジェクトは「農協前」。
海岸とパオは「つつじ荘」。
その先はベネッセアートミュージアムか地中美術館です。

フェリーは宇野港か高松港から。
宇野からだと15分くらい、
高松からだと50分くらい。
晴れてたら上の階で海を見渡すと気持ちいいですよ~
直島の宮ノ浦港に着くと、
SANAAの待合所と草間彌生(ヤヨイ)さんの赤い南瓜があります。

*

直島、ベネッセに食われていくのは悔しいけど
ほんとに興奮させてくれる島であります・・・
作品つくりたくなるよーっ!!!
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かいてるひと

こも

こも (como)
フリーデザイナー。
少しだけプログラマー。
DG:flash.web.graphic
PG:as.php.perl.js.c
院卒28歳、めがね好き。
FC2プロフ

気が向いたらこちらも

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。